弔電 マナー







弔電の送り先、「受け取り人」を誰にするかで、マナーに迷ったことがある。

弔電は誰に送りたいの?そのメッセージを誰に届けたいの?

それは故人へ伝えたい言葉だよね、だから弔電のマナーとして、

故人本人の名前を宛先にするのかな、と思っていたら、それは間違いみたい。


宛先は、喪主の方にするのが弔電のマナーだとか。

まぁ、現実的だよね。

お通夜の場で、葬儀の会場で、弔電を持ってきた人がそれを誰に手渡しするかといえば、

肉体を離れてしまった故人には、それがもうできないのだから。





自分へ送られた弔電を、受け取ることができない。

生から死への一線が、この弔電の受け取り人にあるような気がする。


ラブレターは本人に渡そうよ、クレームだって当の本人にぶつけなくちゃ意味がない。

あぁ、悲しいかな。

現世から魂を消してしまった人だから、

そんな世俗的なルールさえ、もうその人には届かないんだ。


そして弔電は本人をスルーし、喪主へと届けられる。

気持ちとしては本人宛の弔電を打ちたい。

いいや、現実にそういう弔電ルールの間違いは一杯起きているような気がするな。

喪主の方と面識があるとも限らないし、当人が亡くなったというイメージが強すぎて、

普通に言って誰が喪主の方を宛先にするのだろうか。


いっそのこと、私は本人名義で弔電を打ちたい。

それが弔電のマナー違反であっても、打った弔電の紙媒体が受け取り人不明で

通夜の席に届かなくても、本人へ手向けた弔電メッセージが、

宙を通じて故人へと届いているような気がするのだから。


弔電のマナーに見る詩的、弔電はいっそ、本人へ打ちたいものだ。







"お葬式のマナー"
ページ一覧



ご霊前の金額

不祝儀の金額の偶数

香典金額

葬儀費用

新札香典

弔電マナー

弔電文例

お墓観に千の風が吹く

日本人の死者観

埋葬儀式の意味












リンク

詩的日記

小説

写真

サイトマップ














Copyright (C) 2009 - Ken Box. All Rights Reserved.