三十三間堂 写真








日本を知らない日本人、あるいは外国人を京都にお連れするなら、僕は迷わず三十三間堂を推す。





三十三間堂内の写真撮影は禁止、千体仏像が並ぶ空間の凄みは写真で伝えられない。





1001体ある観音立像と、雷神・風神と二十八部衆の仏像が迎えてくれる三十三間堂。





満開の桜の坂をわずかに下った日、三十三間堂の写真を撮った。





通し矢が行われる三十三間堂の遠い奥行き、あんな先に的中させているのか。





千体仏像が載せられないのは惜しいが、自分の目で見て感じるものだから善しとしよう。





手彫りで1001体の仏像を創る、その行為が仏師たちの平和を祈う強い執念。



ケンボックス写真トップ京都写真 詩的日記






写真の転用は、どうぞご自由に。