葵祭 写真








京都らしさというか、日本の美を探している

お寺や神社は幾数も廻ったから、次は日本の伝統的なお祭り・葵祭りを選んだ





5月15日、当日は22℃ぐらいのベスト気温、加えて天気は五月晴れ





この上ないコンディションに恵まれて、京都の葵祭を見に京都御所





かなりの見物客が歩いていたけど、ちゃんと前もって有料観覧席をキープしていたから安心





葵祭りは音のない、静かなお祭りだ

色々な装束を着たキャラクターが歩いてくるが、何の音も、アクションも、表情もない





ただ、平安装束を着た人たちが、今は昔で行列しているだけ





歩いているのは現代人だが、この外見は平安時代から何も変わらない





メガネをかけた姿は?だけど、葵祭りの装束を身にまとえば、太古の人々と変わりはない





重そうな花笠を持った力持ちがいれば、やる気を感じさせない人もいる





もっと楽しそうに歩けばいいものを、なんだか華に乏しい祭りだなぁ、と思った

サラブレッドに乗った貴族を見て、ちょっと首をかしげた

あの時代の日本の馬って、サラブレッド種じゃなくて、今でいうポニーぐらいの短馬だよなぁ





牛車は素敵、藤の花をぶら下げ、後ろから多くの人に押されながら、牛車が進む





ギシギシと音を立てて進む様は、平安貴族らしく、優雅だけど原始的な営みだった





後半になって、女官たちが出てくると、葵祭の華やかさが一気に咲いた





日傘を上手に女官にあてて隣の男人が歩き、その横で対となって、女官が歩く





おしろいが濃いから美人さんなのかよく分からないが、とにかく面白いと思った





葵祭りのヒロイン、斎王代の登場は際立っていた

周りがザワザワし出すし、男性たちに持ち上げられて進む斎王代の駕籠はお姫様扱い





自分で馬に乗った女官のほうが勇ましくて素敵だったかな

斎王代といっても、手を振るわけでもないし、ただ持ち上げられて進む不動のヒロイン





いつの間にか、葵祭りの行列も終わり

スタートから40分程度、最後は救急車とパトカー(プリウス)が通る





音と動きに乏しいお祭り、どうも刺激が弱いと思ったけど、

これも数百年続いているそのままの形なのだから、文句を言える筋合いはない





良い席で葵祭りを見れたことに感謝したいな、天気も気温も申し分なかった一日



ケンボックス写真トップ京都写真 詩的日記






写真の転用は、どうぞご自由に。