石舞台古墳 写真








聖徳太子、蘇我氏や物部氏、日本最古の都として栄えた飛鳥のこと、昔に学んだ。

遺跡として有名な石舞台古墳、蘇我馬子のお墓(真偽は怪しい)だって。





石舞台古墳を初めて自分の目で見たとき、「あぁ、これ!」って思った。

特に何もないシンプルなもの、想像の通り石が積み重ねられただけ、どこか遠い記憶が蘇った。





石舞台古墳の中に入ってみると、そのまま石の洞窟、それ以外の何者でもありません。





崩れないように、よくぞ積み上げましたね、石舞台古墳。





何が素敵って、石舞台古墳の周辺の長閑な田園風景、飛鳥ならではの心休まる場所。





明日香という地名が今も残り、そこには今も昔も変わらない穏やかな景色が広がっている。

この平和な雰囲気が飛鳥の地の宝物。



ケンボックス写真トップ奈良写真 詩的日記






写真の転用は、どうぞご自由に。