橘寺 写真








あの聖徳太子が生まれ育ったお寺と聞いたら、橘寺を訪れない訳にいかない。

格別なお宝は何もないが、お寺らしくご本尊を中心に独特の飾りがあった。





変わったのはこの二面石で、右と左とでは表情が違っている。





聖徳太子を乗せた馬の銅像があって、その馬が身に付けている家紋が眩しい。





日本のお寺の原型が、こうして飛鳥には現代でも生き残っていることが嬉しかった。





こんなクラシックなお寺なのに、笑うお坊さん像の存在は意外。





この橘寺に目立った何かを期待してはいけないのでしょう。





時として、変わらないこと自体が価値を生むことがある、その典型が飛鳥の橘寺。



ケンボックス写真トップ奈良写真 詩的日記






写真の転用は、どうぞご自由に。