足助 写真








おひなさまを見に、豊田市・足助地区までドライブ。





足助は「あしすけ」じゃなく、「あすけ」と読みます。

愛知と長野を結ぶ三州街道、塩の道と呼ばれる街道の宿場町だった足助。





足助町中をあげて、おひなさん祭りを盛り上げている感じ。





民家が揃って古いおひなさまを開放していてね、大正から江戸時代から、色々なものがある。





三河土人形という文化で、加藤清正など有名な戦国武将が創られていた。





おひなさまといっても、創られた時代がまちまちだから、色々な種類があった。





カワイイ牛車、こんなのも昔の人たちの目を楽しませていたのだ。





三河土人形だって、こんな面白い作品もありました。





足助町の古い町並みの一角、マリリン小路。





なにしろ古ーい足助町だから、こんなクラシカルな看板がある。





なにしろ古い田舎町だから、制服屋さんにこんなレトロな少年人形がある。





イノシシ肉を売っているのも足助の特徴、イノシシさんの毛皮を干しているところ。





いつも静かな足助・中馬街道が、この季節ばかりは大した人の数。

香嵐渓の紅葉足助まつりたんころりん綾渡夜念仏も特別。





宿場町の風情を残している一角。是非訪れてみて、おひなさまシーズンに足助を。



ケンボックス写真トップ 詩的日記






写真の転用は、どうぞご自由に。