綾渡夜念仏 写真








綾渡の夜念仏、多くの飾りを必要としない行事。

この現代においても全てが人の力だ、肉声の念仏と手に持った鉦の音だけ。

お祭りではないな、亡くなった人たちへの慰霊の気持ち。





愛知県豊田市・足助/香嵐渓から更に山奥、平勝寺で8月10日/15日に行われる綾渡夜念仏。





暗闇に包まれる直前の7時、平勝寺の参道を歩く行列、綾渡夜念仏の写真撮影ベストシーン。





全国でも290件、愛知県で12件しかない「国指定無形民俗文化財」の綾渡夜念仏と盆踊り。





何もない、念仏の唱和だけがある、演出などは何もない、いらない。





この1年に亡くなった人の家を訪れて念仏で慰霊をし、余興として盆踊りを見せる伝統行事。





三河山間部で昔に行われていた夜念仏も、今ではこの綾渡に残るのみだと言う。

盆踊り、音頭取りが肉声だけで歌うのだ、マイクは使っているけど、録音した音頭ではない。





何も楽器はなく、下駄の拍子だけが聞こえる、これは鎮魂の踊りなのだ。

伝統を受け継いだ人たちの覚悟、その中に楽しみを見出したようで生き生きとしている。





見物客にとっては珍しい夏祭り、子供は無邪気に走り回り、カメラマンは写真を撮りまくる。

綾渡夜念仏は呑気に写真撮影をする場でもない、寛容に受け入れてくださり、ありがとうございました。



ケンボックス写真トップ 詩的日記






写真の転用は、どうぞご自由に。