永平寺 写真








永平寺っていう名前をどこで聞いたのか、お寺好きの僕、北陸随一の寺を訪れない理由がない。

いつ行こう、いつ行こうと楽しみにしていたが、ようやく訪れる光栄に拝することができた。





途中のサービスエリアで買った福井名物「でっち羊羹」をカバンに入れて、永平寺を拝観。





修行僧のお寺だと聞くから、そこにどんな日本の美があるのか、探しながらの永平寺散策。





拝観コースに入って最初の天井絵にいきなりびっくり。なんだ、このアート。





天井を飾る考え方は、ヨーロッパの寺院でもたくさん見受けられるけど、

この日本式アートでも永平寺の手の込み方は素晴らしく、ついつい多くシャッターを切ってしまう。





本堂周辺を歩く、坐禅を組んでいる修行僧もいたから、あまり足音たてずに厳かに。





木造建築の質素な美を際立たせているのは、修行僧たちが修行の一環という雑巾の床拭き。

床の隅々まで、普通なら目を向けない木盤の裏にまで、掃除が行き届いている。





無駄に見えて、決して無駄ではない修行なのでしょう。

物質をキレイにして、心をキレイにする。昔はその意味が分からなかった。





年を重ねると生活がシンプルになる、と先輩に言われたことがある。

シンプルな生活で欲しくなってくるのは、偽りのない、裏切らないもの。





この永平寺の掃除の行き届いた環境は、修行による立派なアートだ。





苔の美しさは修行僧たちの努力で勝ち得たもの、紅葉は自然が与えてくれるもの。





冬の深い雪、春の桜、それすら修行僧たちの念じる力が招くものなのだろうか。





永平寺の場所を考えれば、ここって究極。

周りに何の娯楽もない深い山奥で、街は遠いし、冬は大雪、夏は灼熱。

そんな場所で毎日を修業に明け暮れていると、どんな想いにたどりつくものなのだろうか。





欲望を排除できて、愛や心の穏やかさを手に入れられる?

それを手に入れたとして、それをどこで誰にどうやって活かす?

そう考えても、俗人の僕では答えが見つかるはずもない。





日本の美を探しに来た僕には、十分伝わってきた永平寺の日本の美。





日々を美しいものに囲まれて過ごす人たちがいること、頭の中のどこかに留めておこう。





福井県の永平寺、ここは今も修行僧たちが暮らす場所



ケンボックス写真トップ 詩的日記  空想箱  空箱






写真の転用は、どうぞご自由に。