元興寺 写真








歴史を紐解けば、古都奈良の前、日本最古の都・飛鳥から移ってきたのが元興寺

平城京が出来た頃、都作りのためには歴史あるお寺が求められていたのでしょう





飛鳥寺が名前を変えて、この奈良の平城京に生まれたのが元興寺





今は広くない境内だが、当時は東大寺に次ぐ格付けの大寺院、平安文化の中心を担っていた





赤く見える部分の瓦はなんと飛鳥時代のもの、日本最古の瓦がまさか現役とは・・・





四天王に踏まれる鬼なのか?なんだかありがたく感じるなぁ





仏壇に潜む美を、カメラは見逃したりはしない





この元興寺にも国宝・重要文化財の仏像がある、なにしろ歴史ある名刹だから





暑い夏の日、僕は元興寺の境内に座って、奈良町の風を感じていたな





町家の佇まいの残る奈良町に、元興寺はひっそりと美をたたえている





588年に飛鳥の土地で起工されてから、もう何年の月日が流れていることだろう



ケンボックス写真トップ奈良写真 詩的日記






写真の転用は、どうぞご自由に。