羽田空港 国際線ターミナル 写真








羽田空港・国際線ターミナルの開港は2010年10月末だから、この写真はオープン1か月後。

新しいもの見物に、多くの人が羽田空港・国際線ターミナルを訪れている頃。





自分で高速道路を運転して、羽田空港まで向かうのは初めて。

国内線ターミナルに着いたらどうしよう〜と心配していたけど、駐車場に着くことができた。





駐車場から国際線ターミナルに入ると、なによりの驚きはその導線の短さ。

成田と比較すれば雲泥の差、成田空港の駅からターミナルまでの長い歩きは異常だけど。





羽田空港・国際線ターミナルはコンパクト、3Fの1フロアに全航空会社のカウンターがある。





2Fの到着ターミナルは、税関出口から200m程度で電車の駅に着くことができるんだからね。

出発の時も電車で駅に到着→チェックインカウンターまでが200m程度。

その機能性は、中部国際空港セントレアにも勝っている。





今は限られた本数しか国際線ターミナルに離発着していない、という事情もあるか。





羽田空港の国際線ターミナルと聞いて、思い出すのは中華航空の台北行き。

昔は中国と台湾との外交関係上、中華航空と中国の航空会社を同じ空港で国際線にしない、

という不思議がまかりとおっていて、羽田には中華航空の台北行きが就航していた。





今回の目的はこの国際線ターミナルにできた江戸小路というショッピング&グルメフロア。

江戸の町並みを再現して、東京・江戸の文化を感じさせてくれるお店があるんだって。





奥さんが張り切っちゃって、僕も現代東京はともかく、江戸文化には興味があるから行きたくて。





和風Tシャツ屋さんとか京都の手拭屋さんとか、東京と日本全国の銘菓屋さんとか。

写真にするとまぁ、それほどたいしていい場面は撮れませんでした。





屋上のデッキに行くと、飛行機の数はまばら。

夜行便・早朝便しか今は設定がないから、昼過ぎに行っても航空機があるわけがない。





なんとなく空港の雰囲気を楽しみ、僕の旅行系サイトにも掲載させられる写真を撮る。





羽田空港・国際線ターミナル、そのコンパクトさと導線のシンプルさには圧倒された。

都心にも近く、チェックインカウンターも近い羽田空港は、成田空港と較べれば差がありすぎ。

旅行需要を呼び込みできる装置を羽田空港・国際線ターミナルは持っているようだ。



ケンボックス写真トップ 詩的日記






写真の転用は、どうぞご自由に。