伊勢安土桃山時代村 写真








伊勢安土桃山文化村に行ってみたかった。

歴史ファンの僕、あの安土桃山城がどのように描かれているかを見ないと落ち着かない。

現代には合わずB級スポットになった伊勢安土桃山文化村だが、気持ちに正直に、訪れてみた。





花魁をイメージしたショー、これが見たかった、写真に撮りたかった。





当時の馬はサラブレッドではないけど、武士=サラブレッドのイメージがここでも。

鎧兜の疲れ具合はイイね、怖いレプリカなのに、何故か記念写真を撮りたくなる。





日曜日、良い天気、お昼さがりなのに、人の姿はまばら。





南京玉すだれショー、素敵な笑顔の演者でした。





写真撮影OKの大江戸劇場紅屋、明るいレンズとISOを上げて撮影したいね。





原寸大43mの安土桃山城、時代考証に基づいて再建したというのだからたまらない。

こういう色で、形で、安土桃山城は町から見えていたんだろうな。

再現は夢のようだ、誇張されていようが、織田信長が天守閣に立つ姿を空想する。





黄金の間には、欽猫が。そこはお笑いに走るのね。





天守閣からは二見浦が一望できる、伊勢神宮おかげ横丁は見れません。





和風テーマパークはこういうモノになるよね。訪れてみてすっきり、伊勢安土桃山文化村の写真。



ケンボックス写真トップ 詩的日記






写真の転用は、どうぞご自由に。