神護寺 写真








神護寺、僕が尊敬する空海が唐から戻った直後に14年間いたところ、密教文化の発祥の地。





京都市街の北西、嵐山から山をひとつ越えたところ、高雄山の中腹にある。

駐車場からちょっと歩くかなと思っていたら、これが大変な山登り。

健脚の僕でもグチを言いたくなるぐらいに急な階段が続いて、汗ばむどころか、汗をかく。





よほど興味がある人しかこの神護寺には来ないでしょう。

神護寺は秘境にあるお寺、紅葉の季節でなければ訪れる人は少ない。





この神護寺には素晴らしい宝物が数々ある。

国宝の薬師如来像を中心に、脇に日光・月光が控え、その脇には十二神将がズラリ、

そして四隅を守るのは四天王、しかもそれが金堂で一堂に会している。





こんな仏像パラダイスは東寺の講堂以来、さすがは空海ゆかりのお寺だと魂を飛ばしてしまう。

遠くからしか仏像を見ることができないから、奈良・新薬師寺のような臨場感はない。





よく見れば十二神将の手が欠け、持ち物が足りないものだってある。

しかし、全体がこうして並んでいるのを見ると、たまらなく嬉しい気分。





ここ神護寺は修行のお寺でしょう。

多宝塔の秘存の五大虚空蔵菩薩はさておき、他に派手な見どころはない。





瓦投げの場所に行けば、視界が一気に晴れて、付近の山を見渡すことができる。

空海が物思いに耽った場所だろう、そう思うと特別な場所にも思えてきた。





神護寺は紅葉の名所だという。

この山深さ、生い繁る樹木の多さ、推測するだけでも燃えるような紅葉が描ける。





そうか、空海は紅葉の中にいたのか。

季節の移ろいを愛でながら、空海は何を想い、密教文化を広げていったのだろう。





空海を想い、お宝仏像を愛でる。そんな神護寺の旅でした。



ケンボックス写真トップ京都写真 詩的日記






写真の転用は、どうぞご自由に。