鎌倉長谷寺 写真








鎌倉の長谷寺には思い出がある。

奥さんと付き合っていた頃に何度か訪れた場所で、鎌倉の美を発見したのが長谷寺。

入口すぐの池の前、春の頃の美しさに、当時はびっくりしていたっけ。





長谷観音の大きさにたまげたし、石仏のポーズとか、花が飾られている境内にも惹かれた。





竹林の澄んだ色に、灯籠を重ねて、若き日の僕は写真を撮っていたなぁ。





それが、今もカメラを向ける先、美しいと感じたものは同じ。

コンパクトカメラから一眼レフに変わり、写真の構図技術も格段に向上した。





美意識だって、小京都鎌倉を越え、京都・奈良のお寺文化を習熟したことで、レベルアップした。





この日の長谷寺では吹奏楽や空手のイベントが催されていて、結構な人出。





あぁ、長谷寺の上から見る長谷の海岸を覚えているなぁ。

長谷寺を歩きまわり、写真スポットを探す僕、ちょっと寂しさを感じていた。





昔は長谷寺がベストと思っていたのに、

もっと格式・文化の豊富な京都のお寺と較べると、長谷寺だってまぁまぁレベル。





いつの間にか自分の意識が変わっていることを痛感していた。





長谷寺の境内を降りて、洞窟へと向かう。

ここには無数の石仏があって、中の暗闇を歩くのは冒険気分だ。





庭も池も整備されているし、長谷寺は美を誇っているのだが、僕には色褪せて見えた。





10年の内に、僕の感覚は大きく変化している、それを痛感した鎌倉・長谷寺の旅。



ケンボックス写真トップ 詩的日記






写真の転用は、どうぞご自由に。