上高地 写真








焼岳のふもと、大正池が視界に入ってきたとき、思わず呼吸をするのを忘れた。





梓川の流れを添えて撮る上高地@河童橋付近、もう最高峰の被写体。





明神池に三色の紅葉がひっそりと息づいていた、写真に撮らずにいられなかった。





季節ごと、本物の写真が撮りたい、秋の上高地には美しさがあるはずと思い飛騨路へ。





早朝は0℃まで気温が下がった日、上高地につくと霜が降りていたが、幸運にも快晴。





梓川の色、たっぷりとした川幅、このうねり具合がたまらなく色っぽい。





ハリネズミのような枯れ木たち、物凄い個性だよ。





大正池にて、三脚を立ててじっくり撮影してみる、美しいものがより美しく撮れる。





穂高連峰はまだ冠雪前、しかしいつもながらこの壮大な景色は唯一無二。





大正池〜河童橋〜明神池〜河童橋と15kmは歩きっぱなし、写真の楽しさで苦痛はないが。





冬季は半年シャットダウンする上高地、夏のみ人間との共生、両者の絶妙な距離。





上高地!上高地!カナダにもスイスにも負けない山岳風景よ。





梓川沿いの木々が、もの静かに美学を語る。





上高地の代表的な場所・河童橋上からの1枚、穂高連峰へ向けて。





マスコットキャラクターとしてのカモ、他にも野生の猿にも遭遇しました。





標高1,500mの上高地の秋、「日本一の紅葉」と称される涸沢もある。





天然なのに、あたかも人造の色合いに見える、このミステリー。





明神池の静寂を好むよ、紅葉と合わさると文学的な何かを表現しているように見える。





全力で上高地の秋を写真に撮った一日、忘れられない経験になりました。



ケンボックス写真トップ 詩的日記






写真の転用は、どうぞご自由に。