上七軒 写真








偶然、自転車で通り過ぎた一本の通り。

北野天満宮からすぐ、ただの通り道が、左右の風情ある建物にインパクトを受けた。

後で調べて分かったのだが、それは「上七軒」という花街だった。





そんな出逢いの上七軒、昼間の記憶が忘れられず、夜に通ってみると華やかな雰囲気。

狙って行った場所ではなかったから、本物の芸妓がいるお茶屋さんもあるの?と想像した。

僕にとっては本物の花街というイメージがあって、何年経っても忘れることができなかった。





今回の京都・桜写真旅の目的の一つとして、上七軒の夜景を撮ってみようと思った。





舞妓さんや着物を着たお店の方を隠し撮りするつもりはなく、ただ風情を残したかった。





五花街のひとつ、上七軒。京都駅から離れているので、観光客の姿もなく、生活の中の花街。

僕にとっては「本物の花街」、「実生活の中にある花街」、こんな場所は他にはないよ。



ケンボックス写真トップ京都写真 詩的日記






写真の転用は、どうぞご自由に。