川売の梅 写真








奥三河、普段ならなかなか外からの人が行かないところ。





3月後半に賑やかになるのが川売の梅、一年で一番忙しく美しい時期。





素朴な色しかない山里が、急に鮮やかな梅の色に埋め尽くされる。





街からすれば普通の色だけど、天然の色しかない川売で見る梅の花は強烈な存在感!





石垣の地味な色との相性に目を奪われた。





華やかだ、梅の色は華やかだ、春を感じる。





桜ではなく、梅の名所に特化した川売、梅は食用にもなるからかなぁ?





南高梅という種類を中心とした梅の木が1,500本もあるのだとか。





見て楽しい梅、食べても美味しい梅ってことね。





梅の木が、段々畑に植えられているところがまた素敵。





春一番の景色を撮ろうと3時間のフォトウォーク。





日本の原風景が残っているよ、川売の里。





早い春を感じたいなら梅の里・川売(かおれ)、冬から春へと変わる瞬間。



ケンボックス写真トップ 詩的日記






写真の転用は、どうぞご自由に。