涸沢パノラマコース 写真








朝4時、外は深夜から降りだした雨のまま、雨と霧に包まれて視界がない。

そのまま5時、6時と待っても変化はなく、どうやら朝焼けどころではない状況。





待っても同じ、腹を決めて下山しようと、雨の中でテントをたたむ。

十分な雨具を持って来ていなく、カッパはコンビニで仮調達したもの。





7:30に涸沢ヒュッテを出発、同じ道はつまらないから、健脚者向けの涸沢パノラマコース。

涸沢ヒュッテから出発直後の道が、とても写真映えしたなぁ。





小屋やテントを入れた写真に紅葉が重なって立派な絵になっている。

朝焼けの涸沢カールが見れなくて残念の極み。





霧雨の中の涸沢紅葉写真もまた一興、と自分を慰めて歩く。

一眼レフが雨に濡れないよう、ジャケットの中にカメラを隠し、いい場面でカメラを出す。





歩き始めでは絵になる景色があり過ぎて、カメラばっかり出動させていた。





そのうち道は鎖場や崖道になり、単独行の僕はミスしないよう、慎重に歩く。

こんな雨に涸沢パノラマコースを歩く人は少ないし、足を踏み外したら真面目に命が危うい。





荷物も背中一杯で重いし、雨に濡れた道だから、偶然の失敗が怖い。





時間はたくさんあるから、慎重に歩いて、気ままに写真を撮るトレイルロード。





屏風の耳まで行ってみようと思い、荷物を草むらに隠し、身軽になって急坂を登る。





視界はないし、ライチョウがいるわけでもないけど、霧の屏風岩を歩くのも悪くない。





3,000m級の山頂付近のような高山植物や巨大な岩があちこちに。





屏風のコルから新村橋までは4km、すぐにクリアできるだろう、と思ったがとんでもない。





下り坂が永遠と続くから、小刻みステップで負担を軽減しても、次第に膝が笑ってくる。





雲がかかる眼下の景色は素晴らしく、紅葉と重ねる梓川の河原の写真も宝物景色。





まだまだ続く涸沢パノラマコースに、次第に身体も気持ちも疲れてくる。





僕は下りで楽をしているのに、厳しい登り道を上がってくる人もいた。





終わりの方には膝が笑い、足を滑らせること数度、尻餅をつきそうにもなった。

体力は残っていても、先に膝が弱り、思わぬ苦戦の涸沢パノラマコース。





雨はやむことを知らず、どうやら天気にも負けた今日の僕。





木の橋を渡ろうとして足が滑った!

そのまま橋を落下、でもバランスは崩さなかったから、1m下の岩道に無事着地。

バランスを失っていたら大ケガになるぐらいのミス、心まで滅入ってしまいそうだった。





涸沢パノラマコース出発から5時間後の12:30過ぎに、新村橋へ到着。

そこからの単調な道は面倒、音楽を聴き忍者速歩で15:00には上高地バスターミナル到着。





なんだかんだで、丸一日がかりの涸沢パノラマコース。

最初は甘く見ていた涸沢パノラマコース、大苦戦するとは思ってもいなかった。





十分な雨具を用意してこなかったのが敗因?

涸沢パノラマコースの実力は健脚者向け、全力でないと太刀打ちできない相手?





雨で冷えた身体を平湯温泉で温め、反省しながら帰った、涸沢パノラマコースの一日。



ケンボックス写真トップ 詩的日記  空想箱  空箱






写真の転用は、どうぞご自由に。