甲賀忍者 写真








忍者好きの私としては、伊賀・甲賀・戸隠、いずれも訪れたかった忍者の里。

甲賀は、伊賀と並んで最も有名な忍者発祥の地、それは行くしかないでしょう。





甲賀の里・忍術村は山里深い場所、周囲の田畑の緑が美しく、

生死の境で生きていた甲賀忍者は今は昔の物語のよう。





中の施設自体は感心できなかったな、忍術博物館とか隠し井戸とかはあるんだけど、

伊賀と戸隠との比較であれば、チープな感じがして、ちょっと残念でした。





カラフルな忍者衣装を着た観光客がキャーキャー声をあげて楽しそう。





池を水蜘蛛に乗ってスイスイと進む子供たち。





甲賀流忍術屋敷は、実際に昔、上忍が住んでいたお屋敷で、こっちのほうが本格的。

壁や戸に仕掛けを探して歩き回るのは楽しいものですね。





囲炉裏の下に階段がある? 中二階から飛び道具で攻撃できる隙間がある?





追ってくる敵を、落とし穴の井戸に落とすような仕掛けがあったり。





甲賀忍者グッズが欲しかったけど、あまり目立ったものはなかった。





ついでにちょっと車を走らせて、紫香楽京の跡地へ。





奈良時代の都、現在に残るのは都があったという土台だけ。

古の建物に想いを馳せて、無人の荒野を走り去る。





信楽といえば、タヌキの焼き物で有名な陶芸の町。

車で目抜き通りを走ると、左右に見えてくるのはタヌキ・タヌキ・タヌキだらけ。





面白くって、思わずあちこちで記念撮影だよ、これほどユニークな町もない。



ケンボックス写真トップ 詩的日記






写真の転用は、どうぞご自由に。