中辺路 写真








熊野古道とは、数ある参詣道の総称だから、これが熊野古道、というものはありません。

色々調べると、中辺路というコースが熊野古道のメイン、代表として扱われている。

熊野古道をなんとか歩きたかった僕、GW連休を利用して車で向かいます。





中辺路は40km(滝尻〜熊野本宮大社)あって、1泊コースだと聞く。





走るのもいいが、写真が撮りたいので歩くにはちょっと長すぎるなぁ、と思って、

一日で踏破できるコース、牛馬童子口から熊野本宮大社の25kmを歩くことにした。





早朝6時のバスで熊野本宮大社を出発、牛馬童子口に7時過ぎに到着。

いざ熊野古道を歩きだすと、いきなり朝日が木々の間に零れて眩しいシーン。

とてもキレイだよ、思わずルンルンになり、足取りも軽く。





間もなく牛馬童子像にお逢いすると、思ったよりも小さいのね。

ほとんど何の飾りもない場所に立っている牛馬童子。





どこにでもある道端の石像なのだろうが、出来映えが美しく、シンボル性がある。





中辺路のシンボル・牛馬童子像と朝の会話をして、また熊野古道を進む。





近露王子近辺の村里の雰囲気がまた美しい。





歩きたいのに、思わず足を止めて、おにぎりを食べつつ、風景に見入ってしまう。





近露だけに、朝露までキレイで。





大型連休中、良い気候なのに行きかう人も少なく、中辺路ウォークを楽しむ。





継桜王子付近の舗装道は足早に歩き去る。





美しい学校に出逢った、僕が知っている中で一番美しい校庭を持つ学校。





峠の登った後にあった、昔そのままの茶屋。





お地蔵さんが陰から見守ってくれている。





ふと、気付くと美しい光景が目に入ってきたり。





これは面白かったよ、親切だよ。

ちょっとでも道を外れたら、この看板が軌道修正してくれる。





小広王子から三越峠の道から、まるっきり一人の世界ですよ。

これが古の熊野古道の姿なんだろうな、と思わされるような静寂の世界。





石畳の道ばかりかと思っていたけど、決してそうではない。





ごく普通の山中トレイルが続き、たまに石が積まれた道があるぐらい。





特徴的なのは、一帯の美林。

木の数が尋常ではなく、天然の美しさ、飾らぬ形は太古から変わっていないはず。





今まで歩いた山道の中でも、印象に深く残るほどの、美林揃いの中辺路。





長丁場の道なので、モンベルのアルパインポール・アンチショックを購入してきた。





両手にポールを持って歩くと、なんと楽なのだろう。

まるで足が4本あるかのように、スムーズに先を急ぐことができる。





この道は決して険しいトレイルというわけではないね。

むしろ安易、ただ距離が果てしなく長いなぁ。





実は朝のバスの中で、後ろに座った2人のランナーから話しかけられてね、

この中辺路トレイル40kmは一日でRUNすることができますよ、と。





随分挑戦的なお言葉ね、今日は写真が撮りたいから歩いているけど、

このぐらいのなだらかなトレイルなら、丸一日かければ40kmは完走できそうだ。

そんな夢ばかり見ながら、次に来るときは本当に走りたいな、と考えつつ歩く。





中辺路を歩こうと思ったのは、精神修行の一環でもあるんだ。

最近の出向先会社の業務が心身ともに負荷MAX、特にこの2−4月はヘロヘロ。





しかしあと半年ばかりしかこの仕事もできないから、

ちょっと心のリフレッシュ、前向きな気持ちで仕事を再開するための修行。

こんな仕事をするのも貴重な経験だとつぶやきながら、心を整理しつつの中辺路。





伏拝王子まで来ると、また里山歩きに戻る。

さすがに20km近くなると足に疲れも出てきたようだ。

ここら辺からは、熊野本宮大社から歩いてくる人も姿もチラホラ。





のどかな里山が続き、それから石敷の道も見えてくる。

歩いて歩いて、午後3時すぎに熊野本宮大社へ到着。中辺路25kmを7時間半で踏破。





さすがに長丁場、両手のモンベルのアルパインポール・アンチショックが有効でした。

ヒザの疲れ、足の疲れが半減した感じを受けたよ。





アミノバイタルのジェルで体力を補給し、c3fitのタイツで全身の疲労軽減。

僕は一人ではないな、トレイルの中でさえ、こうした仲間たちに守られて生きている。

一眼レフD90で数多く写真も撮れて満足です。





次来るときは、本当に40kmの中辺路を、トレイルランで完走してみせよう。

それがこの1年で飛躍的な肉体改造を成功させた僕の卒業検定だ!



ケンボックス写真トップ 詩的日記






写真の転用は、どうぞご自由に。