倉敷美観地区 写真








何年か前、倉敷美観地区のことをテレビで見た。





昼間は人気でも、夜になると誰も歩かない美観地区に、

有名なデザイナーの方が間接照明を使って、見事な雰囲気を出すことに成功したという。





中国地方や山陽は行ったことがなかったが、それを見て倉敷に無性に行きたくなった。

それがこの中国地方旅行のきっかけ。





真夏の日中だから、昼間は暑過ぎてだいぶ苦しいお散歩になった。





柳が垂れ、川に船が浮かぶ倉敷の美観地区は、

見ていて確かに涼しげだったけど、さすがに真夏だからちょっと厳しい。





日が落ちて、僕はあまり使ったことがない三脚を持ち出して、デジタル一眼レフを構える。





ほら、間接照明に映し出される倉敷の美観地区は格別の美しさ。





すっかり闇に包まれても、夏の湿度の高さで不快感抜群。





辛抱して何度も何度もカメラのシャッターを切る。

素敵な被写体を前にして、僕の素人カメラマン魂にも火が付いたのか。





翌朝、大原美術館にも足を運んでみる。

西欧に憧れた時代のこと、大金を使ってモダンアートを求める、か。





今の僕ならば、大金を使って日本の美を集めるのだろうが、時代が違えばニーズも違う。





これはこれで画期的なこと、と思い有名な西欧の画家の絵を眺めていた。





倉敷の美観地区を歩くと、やはり僕はこちらの方の美に共感するな。





クラッシックな倉敷の美が、やはり一番だと思った。



ケンボックス写真トップ 詩的日記






写真の転用は、どうぞご自由に。