黒部峡谷 写真








「トロッコ電車で、黒部峡谷へ」、この言葉だけで、どうにもこうにも心がくすぐられた。

秋の黒部峡谷へ、一歩早い紅葉を探して。

11月の紅葉シーズンが待てず、10月なのに心を高揚させ、黒部峡谷を訪れた。





トロッコ電車をネットで予約したが、宇奈月温泉駅に近くの駐車場が満杯で車が渋滞。

予約の時間を過ぎるかと思った、ギリギリでトロッコ電車の特別客車(窓付き)に乗れた。





10月末だから、もう風が冷たいと思ってね。

普通客車だったら窓がない、1時間以上乗っていたら身体が冷えてしまう。





トロッコ電車特有の狭い車内が、それらしい雰囲気を作っているのかな。

走り出すと現れる美しい川の水の色、奥に進むにつれ色づいていく周囲の木々。

欅平に着くと、まだ2週間は紅葉ピークより早かったか、まぁまぁの色づき具合。





奥鐘橋を渡っていたら、少し人だかりができていた。

何だろう?と近付くと、少し離れた場所を指さしてガヤガヤと話している。

「カモシカだよ!見れる?分かる?」

上の写真の真ん中にカモシカがいるけど、岩に同化していて見えにくい。





清流と岩にかかる紅葉が美しい。





まだ盛りには遠い紅葉だけど、こうして写真に残してみると、

なんだかとっても素敵な場所に見えるよね。

紅葉ピーク時にはどれだけ素敵なのか、それは美しい空想。





帰りは宇奈月温泉の足湯に入り、和菓子をいくつも食べ、4時間かけて愛知まで帰った





一度は来たいと思っていた黒部峡谷、確かに富山の秘境であることは間違いない。





僻地にダムを造り、エネルギーを確保しようとする考え方が分からない。





美しいものを見たいから、トロッコ電車を引くのなら分かるけど。



ケンボックス写真トップ 詩的日記  空想箱  空箱






写真の転用は、どうぞご自由に。