京都 写真







金閣寺 ⇒ 金色、永遠の思い出





わびさびの美     ⇒ 銀閣寺の写真をもっと見る





平野神社 ⇒ 京都の桜名所





平安朝貴族の伝統行列    ⇒   葵祭の写真をもっと見る





京都ナンバー1の紅葉名所    ⇒   東福寺の写真をもっと見る





京都ナンバー2の紅葉名所    ⇒   常寂光寺の写真をもっと見る





嵯峨野の紅葉名所    ⇒   二尊院の写真をもっと見る





竜安寺 ⇒ 石庭の意味はまだ分からない





清水寺 ⇒ あなたを楽しませてくれるお寺





華やぎのある坂     ⇒ 三年坂・二年坂の写真をもっと見る





円山公園 ⇒ 枝垂れ桜とカラスと





桜の名所・五重塔・密教美術の宝庫    ⇒   醍醐寺の写真をもっと見る





東山の紅葉名所    ⇒   永観堂の写真をもっと見る





別格の禅寺、水路閣    ⇒   南禅寺の写真をもっと見る





京都の桜名所のひとつ    ⇒   インクラインの写真をもっと見る





上賀茂神社 ⇒ 本来の神社の姿を色濃く残す場所





下鴨神社 ⇒ 森の守り神





朱色、池の美     ⇒ 平安神宮の写真をもっと見る





アートなお城     ⇒ 二条城の写真をもっと見る





哲学の道 ⇒ 桜の川が現れる奇跡





簡素な美     ⇒ 京都御所の写真をもっと見る





皇室ならではの気品と美     ⇒ 大覚寺の写真をもっと見る





紅葉の夜景ライトアップ     ⇒ 大覚寺の紅葉の写真をもっと見る





東寺 ⇒ 新幹線から見ていたあの五重塔写真





東寺 夜桜 ⇒ 三脚を使って撮れる夜桜写真





お寺? 別荘のような美     ⇒ 仁和寺の写真をもっと見る





生活の中に残るお寺の美     ⇒ 妙心寺の写真をもっと見る





学問の神     ⇒ 北野天満宮の写真をもっと見る





大きな三門の美     ⇒ 知恩院の写真をもっと見る





山科の桜名所     ⇒ 山科疎水の写真をもっと見る





紅葉のみならず、桜の美も     ⇒ 毘沙門堂の写真をもっと見る





別格のパワースポット     ⇒ 比叡山延暦寺の写真をもっと見る





美は別荘にある     ⇒ 曼殊院の写真をもっと見る





定朝の阿弥陀如来像    ⇒   平等院鳳凰堂の写真をもっと見る





宇治川の美    ⇒   宇治上神社の写真をもっと見る





回遊式庭園を歩いて楽しもう     ⇒ 天龍寺の写真をもっと見る





カラフルな庭園美     ⇒ 天龍寺の桜の写真をもっと見る





桜満開、紅葉だけではなく    ⇒   常寂光寺の桜





高台寺 ⇒ ねねの枝垂れ桜





祇園白川 ⇒ 桜、祇園の風情





祇園の神様     ⇒ 八坂神社の写真をもっと見る





源氏物語時代からの神社    ⇒   野宮神社の写真をもっと見る





嵐山・渡月橋と船    ⇒   嵐山の写真をもっと見る





清く涼しい美    ⇒   清涼寺の写真をもっと見る





日本人の死者観と美学のこと    ⇒   念仏寺の写真をもっと見る





京都の町屋の佇まい    ⇒   京都町屋の写真をもっと見る





平野神社の夜桜 ⇒ 夜桜とお酒





洛北・大原の名庭園    ⇒   三千院の写真をもっと見る





天狗と毘沙門天    ⇒   鞍馬寺の写真をもっと見る





空海による密教文化発祥のお寺    ⇒   神護寺の写真をもっと見る





諸行無常の理を知る静寂の寺    ⇒   祇王寺の写真をもっと見る





アジアの考える美人に会いに行こう    ⇒   広隆寺の写真をもっと見る





圧倒される千体の観音像の雰囲気    ⇒   三十三間堂の写真をもっと見る





有名な幸福地蔵にすがりたい気持ち    ⇒   鈴虫寺の写真をもっと見る





お酒の神様    ⇒   松尾大社の写真をもっと見る





酒蔵と水の町    ⇒   伏見酒蔵の写真をもっと見る





鳥獣人物戯画が可愛くて    ⇒   高山寺の写真をもっと見る





上七軒 ⇒ 京都最古の花街





東映太秦映画村 ⇒ 時代再現




賀茂川 ⇒ 桜の名所





将軍塚 ⇒ 最高の舞台から京都全体を見渡す





天橋立 ⇒ 日本三景のひとつ、京都にある海の名所





朱色の鳥居の連なり    ⇒   伏見稲荷大社の写真をもっと見る



ケンボックス写真トップ 詩的日記






写真の転用は、どうぞご自由に。