松尾大社 写真








「大社」というぐらいだから、きっと何かがあるのだろう。

鈴虫寺への道中に立ち寄った松尾大社、面白い場所でした。





お酒の神様がいらっしゃる神社、積まれた酒樽の数が大したもの。

京都最古の神社という触れ込みだから、多くの人たちに慕われたところ。





「亀井の水」は延命長寿の名水だという、お酒の醸造時にこの水を加えると

酒が腐らないという言い伝えがあるとか。





宝物館まで足を延ばすと、長年ここを案内されていらっしゃる方が色々教えてくれた。

裏山すべてが松尾大社の山だというから、松尾さんの影響度合の大きさが分かった。





曲水の庭にはカメがカメを背負っている姿があると言われた。そう見えなくもない。





宝物館内にある女神像の解説は面白かった。

顔が4つある、正面からの優しい顔、

左右からみれば怖い顔と優しい顔、下からは力強い顔。





まっすぐを見ていない顔は、この4つを成立させるための仕組み、

要は中津島姫命姫と、インドの神の2つの存在をかけ合わせた像なのだと。





何十年もここにいる方だから、不動のものに新たな意味を創り出そうとしている。

ひとつに注ぎ込むと、新たな境地が切り開けるっていうことか。





この日は還幸祭というお祭り中、子供たちの賑やかな声に包まれている松尾大社でした。



ケンボックス写真トップ京都写真 詩的日記






写真の転用は、どうぞご自由に。