見付天神裸祭 写真








裸姿の男衆による激しい練り(鬼踊り)で有名な見付天神裸祭。





「オイショ、オイショ」という掛け声の中、見付天神の拝殿で、百人もの男たちが踊り狂う様。





旧暦8月10日直前の土曜の夜、見付天神裸祭は男たちだけで行われる。





夜9時ぐらいには男たちの練りは街中で始まっている、もう抑えられない勢い。





総社(淡海国玉神社)でも練は行われる、遠江国の総社だからリスペクトは深い。





総社へ走りこんでくる男衆。





あっという間に練りが始まって、もう、もみくちゃ。





見付天神の拝殿、鬼踊りの前は静かだ。





夜11時、一番触が入ってくる。





一瞬で祭りは興奮の渦へ、「オイショ、オイショ」の激しい練り。





スピードライトで動きを止めた写真だから冷静に見えるが、その場は混乱と興奮の渦。





二番触、三番触が突入してくると、拝殿の中には百人もの男たちが踊り狂う。





次第に肩車に乗った男たちが出てくる、提灯をかざし、勇ましく。疲れるだろうに。





一つしかない鈴が英雄の証し、これを交代で受け継いでは鳴らす様が美しい。





しばらくすると疲れ知らずの若者だけが残り、もう熱狂は極地に。





混み合う祭りを写真に撮るのは難易度高い、400枚撮ったのに「これ」という一枚がない。





見守る警備の方、見物客の数も多く、見付天神裸祭の伝統と人気を感じる。





榊の枝を持った男たち(〆切)が突入する頃が、鬼踊りのピーク。

もう何が何だか分かりません。





どの写真も人が多すぎて後頭部とか映りまくりですが、遠慮なく写真を残してみた。





肩車に跨り、拝殿内にひとつの鈴を鳴らす男が、鬼踊りの主役。





熱気覚めることなく続けられる鬼踊り、あれは鬼だ、鬼のような踊りだ。



ケンボックス写真トップ 詩的日記






写真の転用は、どうぞご自由に。