御嶽山 噴火前 写真








夏休みの冒険が足りなかったようだ。

木曽駒ケ岳のロープウェイ簡単登山に満足できず、ガシガシ登る山を求めていた。





前夜、自宅から3時間かけて御嶽山の王滝口登山道の駐車場に夜到着。

下界は毎日35℃の猛暑なのに、山中の夜中は寒くて何度も目を覚ますほど。

朝6時に登り始めると、朝日に照らし出される御嶽山も、足元を取り巻く雲海もキレイ。





それにしてもさすがは信仰の山、そして昨今の登山ブーム。

他の山にはあり得ないほど、多くの人たちが、朝早くから登っている。





最近、肉体改造をしている僕の体は上手く動いて、先の人たちを抜いていく。

しかしキツイなぁ、さすがに標高差900mだから、決して楽な登山道ではない。





とはいえ登りやすいのが御嶽山の特徴だと思う。

特にこの王滝口登山道は、視界が開けていて常に山頂も駐車場も見えている。

まっすぐ一本道、割合整備されていて、岩山ボコボコの過酷な登山道ではないし。




(これ↑の湯気は活火山の証、今も火山活動している部分です)


日が昇ると暑くなってきて、みんなはヒーヒー言いながら登り、僕も精一杯のアプローチ。

そんな僕をなんと2人の若者が抜いていったではないか!

スピードキングを自称していた僕が抜かされるとは、もう33歳、僕も若くはない・・・。





2時間15分で標高3067mの剣が峰山頂に到着。

以前も登ったはずが、登山道を別にすると、まるで違う山に登った感覚。





山頂からの景色、PLフィルターを通した青空・白雲色の素晴らしさ、爽やかな気温と湿度。

わざわざ持ってきた望遠レンズに換えて、しばらく心地よい写真タイムだよ。





御嶽山は山岳信仰の聖地、頂上では白衣を着た信者の方が祈願をしている。

僕にとっても山登りは精神修行の場、根気強く・真っ直ぐな心を求めて登る。





お鉢めぐりのコースを歩いて、3,000mの景色をゆっくりと楽しむ。

今日のファッションはこちら↓です、North Faceのハットを新調したので持ってきました。





段々と本物グッズが揃ってきていて、c3fitのサポートロングタイツはもちろん、

トレイルラン用の軽量リュックSHIRIKE MIDに、ミッドカットの登山靴、

結局はNorth Faceブランドばかりになっていく僕。





十代にアメリカにいた頃はNorth Faceは高くて買えなかったけど、

大人になった今は好きなファッションができて幸せなこと。





二の池と残雪、この写真を撮るために御嶽山に来たと言っても過言ではない。





この美しい場面に近付いて、一眼レフを構えて写真を撮ることの贅沢。





残雪の上を歩く野鳥とは、なんだかこれも贅沢な一枚なんだよね。





溶け出す氷河の滴、近寄ればそのポタポタという音が聴けるから、

しばらく石に腰かけてその音を楽しむ。





突き抜けるようなブルー、二の池の色はまるで宝石。

遠目から二の池+氷河を撮れば、その色の対比は他所にはない詩的ポイント。





下りはだいぶスピードをあげて、1時間ちょっとで駐車場まで着いた。





ヒザや腿に負担が強かったな、時間をかけてゆっくり下ったほうがいい。





御嶽山王滝口登山道、登りやすく、美しいものを幾つも備えた、愛すべき登山コース。



ケンボックス写真トップ 詩的日記






写真の転用は、どうぞご自由に。