大多賀峠 写真








大多賀峠から寧比曽岳の山頂へ2.2kmの登り道、このコースの静けさに個性を感じている。

特徴がある景色・見どころは何もない、そこそこの傾斜がある道をゆっくりと歩くだけ。

こんなにはっきりした光芒が現れるのも朝の一瞬、音も色もない世界だね、大多賀峠。





寧比曽岳山頂へは下の3つのコースがあるが、大多賀峠からが一番短く、一番地味。

@段戸湖からの尾根コース A平勝寺からの景色転調コース B大多賀峠からの静寂コース





いつの季節も、ここ大多賀峠からのトレイルでは自分の足音ぐらいしか聞こえない、静寂、静寂。





木立の影に曲者が潜んでいることもない、落ち葉と木の根が話しかけてくることもない。





続く登り坂、上がる息を水分を摂って抑えて、考え事をしながら寧比曽岳へ。





黄金の紅葉に染まる寧比曽岳・富士見峠を写真に収めようと、三脚を担いで登った。





標高820m大多賀峠から、標高1,120mの寧比曽岳山頂へ。静寂以外、何もない、何もなくて良い。



ケンボックス写真トップ 詩的日記  空想箱  空箱






写真の転用は、どうぞご自由に。