竜安寺 写真








正直に言うならば、僕にはまだ竜安寺、石庭、つくばいの意味が分からない。

表面上の意味はウェブ上から調べてみたけど、現物を目の前にしても、理解は遠いもの。

分かったような顔をして通り過ぎたけど、他の誰よりも分かっていないのが僕。





石庭と土塀の上、紅しだれ桜を見たくて訪れた竜安寺。土塀に散り落ちた花びらが美しく。

何百本も桜が咲く別の場所もあるのに、数わずかな竜安寺の桜をありがたがる矛盾。





つくばい、「吾唯足知」=満ち足りていることを知っている、という意味。

この解釈も闇の向うだが、満たされている自分自身と似たような匂い。





石庭以外にも竜安寺の美は続く、時を忘れて一眼レフを構えていた。





理屈は要らない、ただ竜安寺をキレイに撮れれば良い、それが僕の答え。





宇宙、宇宙。石庭の真意はこの世の物でもないのだ。





幾つになっても僕には竜安寺のナゾが解けないだろう、解けないことに自信がある。



ケンボックス写真トップ京都写真 詩的日記






写真の転用は、どうぞご自由に。