猿投山 写真








朝、車検のために外に出ると雪。速攻で手続きを済ませ、猿投山へ出発。

ちょうど雪降りが止まって、太陽が出てきた。

あっという間に溶けてしまう雪、わずかな瞬間を見逃さず、美をカメラに収めよう。





ギアを二速に入れて、薄く雪が積もっている山道を登っていく。

歩いて登ろうかと思ったが、雪はわずか、ここ1〜2時間が勝負、車を使って時間短縮。





2005年の12月、もう4年も前か、愛知に移って最初の冬に大雪が降った。

その時に猿投山を登ったんだけど、あの時の感動が忘れられなくて。





誰も足跡をつけていない雪道を歩くのは、なんとも言えない快感。

二百段の階段を上がり、猿投山展望台まで。途中、猪の足跡が雪の上にくっきり。

シャッタースポットを探しながら、ウロウロと歩くことって贅沢。





東宮へ歩くと、この時とばかり、結構な人数の登山客がいた。

美しいときに登山をしたくなる、その気持ちはみんなに共通。

あまり人が歩かないコースへと外れ、カメラだけを抱えて歩き続ける。





巨木の一帯まで来ると、もう雪解けの音だけに包まれる。

積もっては太陽の光に溶け出した雪が、木の上からポタポタと落ちてくる。

あっという間の積雪になりそうだね、ゆっくりしてくれて良いのに。





御船石まで着いたら一休み。

4年前はもっと積もったのに、一朝だけの積雪だとこのぐらいか。

雪の猿投山から眼下の豊田市を見下ろす景色は、気持ちが良いもの。





iPodの音楽に合わせて、今後の創作活動はどうしていこうか?と考えていた。





最近驚いたSuperflyと秦基博さんの「楓」を何回も聴いた。

スピッツの曲なんだけど、二人のカバーも本当に素晴らしくて、何十回とリピート。





Salyuの「コルテオ」、AP BANK FES 2009でのライブなんだけど、

スケールの大きさを感じさせてくれる曲、最近の僕の宝物だ。





10時に登って、1時前に下る頃、もう積雪の大半は溶け出していた。





美を美の時にしっかりと撮れて、僕はすっかり満足。





iPodで音楽を聴きながらの雪道ウォーク、とても美しい時間でした。



ケンボックス写真トップ 詩的日記






写真の転用は、どうぞご自由に。