下栗の里 写真








下栗の里、紅葉時に訪れたかったんだよ。

「天空の里」「日本のチロル」と呼ばれる絶景・秘境を求めて。





こんな山奥に村があるなんて、どんな物語があって先人が下栗にたどり着いたのか。

標高1,000m、傾斜30℃を超える尾根に家と畑がある、冬の寒さはたまらないだろう。





紅葉の最盛期に合わせて天空の里ビューポイントに来たが、1週間後が正解だったか。





肉眼で見るともっと色が薄い、写真では彩度とコントラストを上げてあるから見栄えがする。





アップにすると意味はないね、平和な山村、凄い風景の中にそれがあることが個性なのだ。





遠山郷・下栗の里の方が手作りしてくださった遊歩道の先のビューポイント。

カメラグッズ(5kg)と娘(13kg)を抱っこして歩いた遊歩道、ハードだけど楽しい道のり。





唯一無二のものをまたひとつコレクションできた。下栗の里、天空の里の紅葉写真。



ケンボックス写真トップ 詩的日記  空想箱  空箱






写真の転用は、どうぞご自由に。