滝山寺 鬼まつり 写真








滝山寺の本殿を、松明を持った男たちが歩き回る。丸い鏡餅を持った鬼が主役。





旧暦の元旦から7日間祈りを捧げ、集大成としての鬼まつり、平和と収穫を願う。





鎌倉時代から約800年も続くのが滝山寺の鬼まつりだとか。





松明で本堂が燃えてしまわないか?人も燃えてしまわないか?





クライマックスの火祭りは一瞬、写真撮影に夢中になっていたら7分で終わり。





伝・運慶作と言われる鬼面、滝山寺には仏師・運慶の作品と伝えられるものがある。





祖父面・祖母面・孫面と呼ばれる鬼面、それから梵天・帝釈天・聖観音の三尊像、

まさかこんな所で運慶に出会えるなんて!



ケンボックス写真トップ 詩的日記  空想箱  空箱






写真の転用は、どうぞご自由に。