天龍寺 桜写真








嵐山の主役は、お土産屋さんが並ぶ通りでもなし、渡月橋でもない。

ここ天龍寺が嵐山の美の代表者。





天龍寺〜野宮神社〜竹道〜常寂光寺へと歩くのが、私の嵐山満喫ルート。





なんといっても天龍寺はその庭園の広さ、咲く花の豊富さに舌を巻く。





古木にも毎春可憐な桜の花びらが咲く、このギャップが古都には似合います。





桜を下から支えるハンマー、自然をより引き立てる人間の技は天晴れ。





天龍寺の庭園には、花に疎い私には初めて聞く多様多種の花が咲く。





石像も桜に囲まれれば、いつも硬い表情をほころばせる。





訪れていた多くの外国人たちも驚いている、天龍寺のカラフル具合に。





池泉回遊式庭園を右に左に歩いて、色々な角度から楽しむ。





お寺は文化施設だと思うが、ここ天龍寺は一歩先をいった芸術空間。



ケンボックス写真トップ京都写真 詩的日記






写真の転用は、どうぞご自由に。