東大寺 万燈供養会 写真








あの東大寺の奈良の大仏様が、万の燈籠の灯りに包まれる瞬間があるらしい。

そう聞いた時から、僕の頭の中はそのイメージで一杯。

だって、僕の小説「奈良アートボックス」のクライマックスシーンと重なっているから。





そんなイベントがあるなら、写真に収め、「奈良アートボックス」と共演してもらいたい。

これは万難あっても参加するしかない、最初から心は決まっていた。





東大寺の万燈籠は年間1回だけのイベントで、お盆の8月15日に。





日中の暑さが消えた夜、東大寺南大門の参道には、詩的イベントを心待ちにした人たちが。





いざ、大仏殿前に着いたら、それはもう特別な光景。

奈良の大仏の大きさを愛して、東大寺を何度も訪れている僕もびっくりの変わりぶり。





万の燈籠に照らし出された東大寺、燈籠が並ぶ通路が際立って美しい。

良く見れば、開かれた観相窓の間から、奈良の大仏様が顔をお出しになっていた。

景色にも見とれたが、僕の目的は写真だから、すぐに我に返ってカメラを構える。

三脚は使用禁止だから、ISO感度を工夫して、なんとかブレないように撮影。





奈良の大仏様と夜にお会いするのは初めてのこと。

小説で書いた、松明に照らされた東大寺のイメージ、現実になった場所で大仏様と向き合う。

ここに踊り出す仏像がいれば、「奈良アートボックス」そのものが成立じゃないか。





夜に顔を見せた奈良の大仏様だけど、昼間の顔と何も変わらなかった。

もっと緩んだ表情を、あるいは思慮深いお顔を夜は見せると思っていたら、

いやいや、すでに境地を切り開いた方、いつも通りに決まっている。





奈良の大仏様の膝前で、お経を読み上げる僧たちの雰囲気が特別な夜を示していた。

後ろを向いて、大仏様の視点から、やってくる人たちを見渡す。

小説のイメージ通り、列を作り、盆踊りを始める人や仏像の姿があるじゃないか。





無数の燈籠に導かれて、人々が美しい光景を創り上げている。

その姿は、僕の小説の中だけにある空想ではなく、こうして現実世界にもあったのだ。


東大寺万燈供養会を肌で感じ、「奈良アートボックス」をより美しく書き足そうと思った。

小説と写真を融合、現実世界の美しさも加味して、もっと良いものに創り上げられる。





唯一無二、貴重な体験となりました、東大寺万燈供養会、美しい一夜の夢。



ケンボックス写真トップ奈良写真 詩的日記






写真の転用は、どうぞご自由に。