東福寺 写真








東福寺は京都でも最高の紅葉名所。

紅葉のピークシーズンに訪れると、人の波・人の海がそれを物語っている。





正門以前の臥雲橋で、もうすでにピークのひとつが待っている。

そこはいきなり通天橋と一帯の紅葉を一望できるポイント。





通天橋の近くになったら、紅葉の絶景があちこちに、カメラを向ける先に迷う。





東福寺の紅葉は本当に凄い。

京都一番の紅葉名所は常寂光寺だと思っていたが、東福寺と甲乙つけがたい。





2009年の秋、通天橋の上から見渡した紅葉は言葉にならなかった。

時期も紅葉ピークの最頂点、橋の上から渓谷・洗玉澗を見渡している感覚が楽しさを増幅。





心底惚れた東福寺の紅葉、フルサイズ一眼レフD800で撮らずに死ねるか!とまた来た僕。





今年は正直ピークを少し過ぎた時になってしまったから、悔いは残った。

それでもこうして写真を仕上げてみると、様々に美しく撮れた写真たちに我ながら納得。





何が凄いって、単純に赤と黄の色だけを高めてるのではなく、周囲との調和。





紅葉の魅せ方がアートなんだな、東福寺は。





意図しようとしても意図できるはずもない、偶然か、天然の傑作か。





京都駅からわずか2駅、歩いてもいける範囲なのに、この鮮やかな自然の芸術。





先人たちがつないできてくれた心、美しいものを愛でる心があってこその東福寺。





また逢えて、最高のカメラで最高の紅葉を撮れて、私の人生悪いものではありませんね。





私の中ではとびっきりの京都の紅葉名所・東福寺の写真。



ケンボックス写真トップ京都写真 詩的日記






写真の転用は、どうぞご自由に。