ディズニーランド フルサイズ一眼レフ









東京ディズニーランドに、フルサイズの一眼レフカメラを持って行くとどうなる?

それも底抜けに明るくて、大きなボケを得られるf/1.4Gの単焦点レンズ。

「一眼レフ」と一口に言ってもピンキリだが、かなりの本気機材。

風景撮影の延長線上のつもりが、キャストに会うとポートレートの撮影スタイルに変わる。





何が良いって、ノリというか、常に笑顔で入れてくれるキャストの方、撮り甲斐があります。





パレードには望遠レンズを持って行くと良い、ズームレンズならベストな距離を調整できる。





ISO感度を上げてブレを抑える、手ブレ補正機能が付いたレンズなら更に良いね。





別の撮影方法は、明るい単焦点レンズで撮ることだ、技術がいるが良い写真が約束。

ここの写真は35mm換算で58mmの単焦点レンズでディズニーランドを撮影したもの。





明るいレンズだからシャッタースピードを速くでき、ブレを防げる。手ブレ補正機能も必要ない。





APS-Cやミラーレス一眼も良いが、フルサイズならトリミングしても画質低下はない。





フルサイズの単焦点レンズ一本でディズニーランドディズニーシーを撮るという遊び。





パーク内に素敵な被写体がゴロゴロしている・・・楽しさに負けてキャストを撮りたくなる。





i-phoneでもキレイに撮れるが、娘に東京ディズニーランドを見せるついで、パパの趣味も大事。





夜のパレードを撮影するならフラッシュ不要、ISO感度を上げれば肉眼で見たライトのまま。





一脚・三脚禁止の東京ディズニーランド、ここまで撮れたよ、フルサイズ+単焦点レンズなら。





風景撮影とは違う楽しさ、主役級の楽しい被写体が多すぎる東京ディズニーランド。



ケンボックス写真トップ 詩的日記  空想箱  空箱






写真の転用は、どうぞご自由に。