小説「代理愛人」1話

代理愛人







――掲示板にそう書き込みしたら、たくさん返事が来た。


最初に会ったのは、やりたいだけの男。

「昔付き合っていたさやかってコが忘れられないかな〜。

やっぱり失恋を忘れさせてくれるのは、新しい出会いだよ。会えない?」

「さやかを愛してくれるの?」

「もちろん!超〜愛してあげる。俺、今でもさやかが好き。会おうよ。いっぱい愛してあげるし」

「――さやか?返事なくて心配だよ。会いたい。愛し合おう」

「愛してたから、もう一度さやかを抱きたいんだよ。お願い、さやかになって欲しい」


しばらく無視していても熱心にメールしてきたから、そいつを選んでやったのに、

会うとしつこいぐらいにわたしの名前なんか聞いてきたし、

強引にホテルに連れ込まれるのは、なんか求められているカンジで良かったけど、

結局イク時もそいつはわたしの名前を呼んだ。

「美夜子――」

あれだけ言っておいたのに。さやかの名前なんて全然出てこない。

こっちも全然「ケン」って呼べなかった。

大体、本名なんて使うわけないじゃない。

「美しい夜の女」なんて、キャバ嬢にでも付けたらいい名前だけどね。

そんな男に興味はないから、すぐに切った。やらせて損した。

それから男は慎重に見分けることにした。


次に会ったのはマジメ男。

メールでも律儀に「優」って呼んできたし、

会っても「優ちゃん」を連発されるのはそれっぽかったけど、

どうやらそれは実際に愛した女の名前じゃないみたい。

「――優ちゃ〜ん。優ちゃんはホント、カワイイね〜。

カワイイ優ちゃんをいつも僕だけが守っているよぉ〜。

ずぅ〜っと僕だけの優ちゃんだよ〜。

優ちゃんのためなら何でもしてあげられる〜。

優ちゃんをいっぱい飾っておきたいなぁ〜。

優ちゃんはもうさみしがる必要ないからね〜」


「優」はアニメの中のアイドルだった。

せっかく名前を連呼してくれる男が見つかったと思ったのに、いい笑い草。

ブ男だったけど、外見なんてどうでもいい。

現実の女を愛せない男なんて話にならないし、すぐに切った。

やらせる気にもならない。女を神に祭り上げないで。

空でも雲でも愛していればいいのよ、ああいうオタク男は。





次の男も勘違い野郎。

どうやら身体が目的じゃなくて、このわたしと恋愛をしようとしているみたい。

「歪んだ想いをお持ちなんですね。

俺でよければ叶えてあげるけど、君のことが心配だよ。

もっと普通の恋ができる女の子にしてあげたいな。

身体で愛し合うのもいいけどね。足りないものは俺が満たしてあげる。

ケンって呼んでくれていいよ」

「ケンは何て呼んでくれるの?」

「まつみ。とても好きだった人。いい、まつみ?」

大人過ぎる男。

会ったら会ったで、ホテルに誘いもせずに、こんなことを言う。

「俺もいくらかでも気持ちがなくちゃできないから、まずは話をしよう」

わたしの心を覗こうと、優しい会話でコミュニケーションを図ってくる。

でもわたしは、表面で適当に話を合わせているだけ。

心なんて、通わせられるわけないじゃない。

「オマケでもいいけど、次は恋愛対象の一人として君に会えないかな。

心がなくてセックスしてもきっと虚しいよ。

とか言って、本当は今すぐにでもホテルに誘いたいんだけどね〜。

あとで後悔しそ〜。ははは〜」

別れ際、そう言って男は一人で笑った。


――このわたしと恋愛?

違う違う、そんなのじゃない。ホント笑っちゃう。

優しい心なんて求めていない。

説教じみたことは止めてよ。見当違いもいいところね。

わたしはそんな普通の女じゃないから。

優しい人だったのかもしれないけど、アイツ、カッコつけやがって。

善人ぶっても、最後はホテルに連れ込む勇気がないだけのくせに。

あんなのいらない。もう会うこともない男。

最悪。また失敗作だよ。


今求めているのは、わたしのことを昔に愛した女の代理として愛して欲しい、っていうことだけ。

狂おしいぐらいに、愛を注がれたい。

わたしには興味を持たないで。わたしはただの代理でいいの。

誰かが誰かを心から愛する気持ちの、熱い抜け殻を感じたい。

わたしの耳元で別の女の名前を、本当に愛した女の名前を叫んで、イって欲しい。

その女の名前を、わたしの身体の奥底まで注がれたい。

その愛憎を、その後悔を、その再会を、わたしの子宮に叩きつけられたい。

ただそれだけ。


目指す男はなかなか見つからない。ヘンなメールは山ほどくる。









だから、やりたいだけの男じゃ、お話にならない。

代理で愛してくれるなら別にやらせてあげてもいいけど、心の中に本物の愛はあるの?

それも激しい愛でなくちゃ。

わたしの身体が切り刻まれるぐらいの必死の想いなら、いつでもどこでも抱かれに行くのに。


物足りない男どもに失望しながらも、わたしはまた別の掲示板に書き込みを続ける。

流れてくる欲望の残骸を摘み上げては、ニオイを嗅いでみる。どれも偽物ばかり。





ある時メールを交わした一人の男。

随分と沢山の男とやりとりしたけど、この男こそ本物だと、わたしはすぐに直感した。

「有美香」と呼んで、誠実な文章を書いてくる。


「有美香。逢いたかったよ。ずっと待ってた。もう一度、あの日のように愛し合おう」

最初のメールからこんな調子。

おかしいでしょ?

「ケン。わたしもよ。また愛してくれるの?」

わたしもわたしで、やっぱりおかしいメールで試してみる。

「うん。有美香の名前を呼んでまた愛したい、ってずっと思ってた。

他の女と寝ても、有美香を抱いている姿ばかり想像していた。

心の中ではいつも有美香を呼んでいた。

有美香、やっぱり有美香しか愛せないって、ようやく気が付いた」

「ケン、ありがとう。わたしだってそう。

どんな男に抱かれていても、いつもあなただけ、ケンのことだけを想っていたんだから。

また愛して頂戴。いっぱい愛してよ、ケン」

「有美香、あぁ、有美香。昔と変わらずずっと愛しているよ。

今までの空白を取り戻そう。有美香ともう一度愛し合えるなんて。

愛したい、今すぐにでも愛したいよ、有美香――」


馬鹿な会話。でも、ちゃんと「お約束」を分かっている。

この男だろう。きっと間違いない。だからすぐに会うことにした。



→進む



トップページ小説トップ代理愛人トップ








Copyright (C) 2005 - Ken Box. All Rights Reserved.