小説「白馬風樹」

白馬風樹 コメント





<依頼主・大阪T.O.さんのコメント>


大阪市在住のT.Oです。

Ken Boxさんの小説にたどりつき、楽しく読ませていただいていた

いち読者なのですが、「あなたの挑戦お受けいたします」という

物語募集の一文を目にし、それならばと小生のこっ恥ずかしい青い思い出を

長々とKen Boxさんに不躾にも送りつけさせていただいた不心得者でございます。


私が思い出すまま乱筆した雑な長文を、見事な小説に昇華していただきました。

自分では気づかなかったこと、そうだったなぁ〜ということ、

我がことなのに新たな発見があり、そして我がことなのに

20年の時を越えてウルっとしてしまいました^^


特に、私には知りようのない恵子さんの言葉、

漠然と想像するしかなかった部分を、Ken Boxさんが

加えてくださった演出によって「きっとそうかもしれない」

「それでいいんだ。良かった」と20年越しに心に区切りもついた思いがします。


小説として素晴らしいお話に仕上がっていますね。

ただ、小説どおりに40歳過ぎて今もって独身の私ですし、

若い頃も小説どおりに、そして今も情けない男だなぁ〜と思います(笑)

Ken Boxさんのさらなる作品を楽しみにしております、

読者の皆様もご同様と存じます。

このたびはありがとうございました!

T.O








<Kenboxから、依頼主・大阪T.O.さんへのコメント>


T.O.さん。

ようやくあなたの経験を物語にすることができました。

あまり大幅なアレンジすることなく完成したのは、

あなたの台本がしっかりし過ぎているほど、しっかりしていたからです。

(それって、この経験に対するあなたの思い入れが強い証拠ですね)


さて、タイトルは「白馬風樹」にしました。

これにはちょっとイタズラな計画があって、いつか誰かが

その忘れ難いキーワードを検索したら、この物語にたどりつくかもしれない。

そんな未来につながる物語を含み、私の詩的創作は完了です。


誰の心にも、もちろん私の経験にもあるような、淡い恋物語ですね。

昔の恋愛に対する男性と女性の受け止めは、全然違うと言います。

少なくとも、私とT.O.さんは男同士、似たような感傷でこの物語を共有しました。

それだけで、心満たされるものがありますね。

光栄でした。


2009.8.10 by “Ken Box”






トップページ小説トップ白馬風樹トップ








Copyright (C) 2009 - Ken Box. All Rights Reserved.