小説「白馬風樹」1話

白馬風樹




祇園白川を歩いていたら、私はますますダメな男になっていた。

振り返る、また振り返る。

そのぐらいの年齢の女性を見かけると、つい傘の下からでも彼女の面影を探してしまう。

雨なのに、こんなところに今も彼女がいるはずもないのに。





気乗りしない仕事。

重要顧客が祇園白川に引っ越したなんて反則だよ。

思い出深い場所だから、ずっと来なかったのに。

皮肉は突然やってくるという。

それから逃げる術を、私は持つことができないのだろうか。

これも現実の時間、今を生きる私自身だから、またそのままでいいのかな。


桜の花びらが、雨に打たれ、風に飛ばされ、白川に流れていく。

仕事を終えて帰ろうとする私の足を引き止めるのは、

その雨音、その水景、祇園白川で彼女と歩いた思い出。

もうたまらず、私はしばらく瞳を閉じて、遠い記憶に身を任せる。


思えば、愛に動かされていた時間って、なんて幸せだったのだろう。

時間を戻したいと、あの頃に想いを馳せることは多い。

その度に、当時の身の丈に合った拙い行動ぶりに、私は跳ね返される。

合わさっても良かった風と風は、白馬の大樹の根元を別々に吹き流れていった。

もう返らない、あれは、愛に動かされていた時間。





私が大阪の大学生だった頃、長野県白馬村のホテルで、リゾートアルバイトをしていました。

最初は一回だけと思って始めたダイニングのウェイターでしたが、

大阪にはない大自然とリゾートの雰囲気が気に入り、

少しずつ知り合いができていったこともあって、春夏冬の長期連休には毎回、

そのホテルでリゾートバイトを続けるようになりました。


大学3年生の終わりの春休み、そのリゾートバイトの職場で、

私は恵子さんという女性と出逢ったのでした。


彼女は私と同じように大学の長期連休の間にリゾートバイトをしに来ていた、

京都出身で、私より2つ年下の、可愛らしい女の子でした。

その職場には関東からのバイトが多く、関西からは珍しかったこともあり、

同じ言葉を話す者同士として、私はよく彼女とおしゃべりをするようになりました。

すでに私はベテランと呼ばれるぐらい経験者でしたので、

彼女に仕事も教えてあげることも多々ありました。


リゾートとはいっても、周りには自然しかない田舎のことです。

日々の休憩時間や、月にたった1回しかないお休みの日には、

職場の知り合いぐらいしか一緒に遊ぶ人もいないのですが、

私は恵子さんと一緒に駅前を散歩したり、

ゲレンデでスキーをしたりするようになりました。

それはただ単純に他に遊ぶ相手がいなく、することがない、

という理由からであって、そこに恋愛感情など、入る余地もありませんでした。


JR白馬駅前にある「風樹(ふうじゅ)」という小さな喫茶店が私のお気に入りでした。

私の実家は大阪で喫茶店だったことから、

コーヒーの味が分かる男のつもりだったのですが、風樹のコーヒーはとても美味しく、

リゾートバイトで白馬に来る度に何度も訪れたお店だったのです。

その頃の私が自慢できるものといえばコーヒーの味利きぐらいでしたから、

恵子さんを誘って来ることもありました。


風樹には「旅人のノート」という、客で来た旅行者たちが

自由に書き込みできる大学ノートが置かれてあって、

来る度に私は暇にまかせて書き込みをしていました。

さすがに恵子さんと一緒の時は書き込みまではしませんでしたが、

店の棚に収められている古いノートを取り出してきて、

「ほら、これが僕の最初のバイトの時に書いたものだよ」などと、

彼女に見せては楽しいおしゃべりの時間を過ごしたものでした。





春休みは瞬く間に終わり、私は大阪で普通の大学生活に戻りました。

恵子さんとは仲の良い同僚でしたが、お互い住所や電話番号を

交わすほどの仲でもありませんでしたし、携帯電話もない時代のことです、

他の同僚たちと同じようにまたいつか逢えるといいね、と思うだけのことでした。

ただひとつ、最終日が近くなった頃に彼女に話した

「夏もまたここで一緒に仕事ができるといいね」という言葉だけが、唯一のつながりでした。



進む→



トップページ小説トップ白馬風樹トップ








Copyright (C) 2009 - Ken Box. All Rights Reserved.