小説「後悔の海に溺れて」1話

後悔の海に溺れて




島を台風が通過していった夜、

息子と遊びに来ていた友達のせいで家は随分賑やかだった。

さっきまで散々騒いでいたと思ったら、今度は隣の部屋で電気を消して何やら怖い話を始めている。

怖い話といいながら笑い声も聞こえるし、部屋の中をドタバタ走り回っているんだから呑気なもんだ。


「あいつらのクラスで今、怖い話が流行っているようでお宅も困っとらんか?

本島からの転入生が持ち込んでるらしいな。あんなのが面白いんかね」


この友達の父親も子供を迎えに来たと言いながら、手酌でチビチビとやってもう何時間も居座っている。

言葉のわりに全然心配そうじゃない。のんびりしたもんだ。

母親たちはここのところの台風で中止になっていた会合を開きに行った。

男親同士、手持ち無沙汰にはいい呑み相手になった。


「困ったもんです。だけど、この島の子供たちは暗くはなれんでしょう。

ほら、あいつら全然怖そうな話をしているようには見えんじゃないですか。

こんなもんですよ」


隣の部屋の相変わらずな騒ぎ声。

男親たちは柔道大会のテレビ中継を見ながら島寿司とさつま揚げで

二本目の芋焼酎を空け、退屈しのぎに選手たちに勝手な評価をつけていた。

そこに子供たちが走ってきて言う。


「父ちゃんたち、なんか怖い話ない?みんなをびっくりさせられるようなやつ!」

「怖い話なんてしてどうすんだ?嫌われるぞ、学校のみんなに」

「へへーん、逆だよ、逆。今はすっげー怖い話したヤツがいばれるんだから。

ねー、なんかないの、なんか?」


困った奴だ。呆れ顔の男の横から友達の父親が言い出した。

「コワ〜イのあるぞ、コワ〜イの。でも本当に怖いからお前たちじゃ今夜眠れなくなるな。

知らんぞ、それでもええなら話してやる」

強がってそれを鼻で笑う子供たちを座らせると、彼は話し始めた。





――今は昔、なかなか仕事が回ってこなくて貧乏生活を送っている若い侍がいた。

ふとある日、古い知り合いが地方長官となって遠国へ下ることが決まり、

どうしたことか男に同行しないかと声をかけてきてくれた。


ありがたい話である。

自分ではどうにも出世する方法が見つからず途方に暮れていたところだったので、

男は真っ先に飛びつくことにした。

男には長年連れ添った妻がいた。

容貌が美しく、貧乏暮らしの中でもいつも明るく健気に振舞う出来た妻であり、

貧しいとはいえ仲睦まじくひっそりと生活を営んでいた。


京を離れて遠国に赴任するためにはまとまった金が不可欠であった。

金がないからといって話を断ればこんな機会は二度とない。

一方で金のない現実は如何ともし難い。

それを見越した周囲の人間が裕福な家の女との縁談を持ち出してきた。

悩みに悩んだ男だったが、止む無くその金のある家の女と一緒になって

旅支度を整えてもらい、その女を連れて遠国に赴任したのであった。

無論妻は帯同できない。

不憫ではあるが、縁を切って京に捨ててゆくしかなかった。

女の身では何も抗うこともできず、妻はただうな垂れて男が家から出てゆくのを見送った。

これも仕方ないことと男は思った。

そうとでも封じ込めなくては気持ちの整理がつかなかった。

新しい役務をわざと意識して、貧しくとも平穏で幸せだった京での日々のことは忘れることにした。





――そうだ、これでいい。この島だって発展してゆかなくては未来がないんだ。

男はそう信じていた。

賛否両論あるのは承知の上だが、この仕事は決して間違いではない。

この島には目立った特産物もなければ、遺跡だとかこれといった名所もない。

あとは自然を売り物にした観光しかないじゃないか。

島のみんなが将来を生きてゆくためには観光客を集めて人と金の循環をしなくてはならない。

あの空港はそのための切り札になる。

だからいいんだ。これしかないんだ。


この島は交通の便が悪過ぎた。

周りの島には空港があるのにここは船だけ。

船では時間がかかり過ぎるし、本数だって限られてしまう。

この島だって高齢化が著しい。

この交通事情では医療問題はそれこそ文字通り致命的になる。

今まで国がそういうことを全然考えてくれなかったことに腹が立っている。

俺だけじゃない。島民みんなが怒っている。空港に金がかかることは分かっている。

でも俺たちは正当な権利を主張しているだけなんだ。


結局この島から若者が出て行ってしまうのは仕事がないせいだ。

観光ブームのおこぼれか、ダイビング目当ての若者は確かに来る。

それでここの島民も何人かは仕事を得たり、ダイビングショップを開くために人が移ってきた。

でも、それ止まりだ。それ以上がない。

このままでは高齢化と共に島は廃れてゆくばかりだ。

それを挽回する唯一の切り札が、空港建設じゃないか。


だから国や行政がこの島に空港建設の話を持ちかけてくるように俺たちは活動してきた。

村議会を通じて各関係省庁に働きかけ、島民の署名を募る地道な作業から、

時には嫌な接待だってして何とか話を進めてきた。

要望書だけじゃなく、村役場の負担で建設予定地の地理データーを揃えて提出することまでしたんだ。


それが今ようやく実った。間もなく空港ができる。

そうすれば産業振興だって進むだろうし、島民の福祉という点でも大きな意味がある。

空港建設の幹事役を任された以上、俺はしっかりやり遂げてみせる。

これに島の未来がかかっている。

それに、間もなく産まれてくる俺自身の子供の将来だってかかっているんだ。



→進む



トップページ小説トップ後悔の海に溺れてトップ








Copyright (C) 2004 - Ken Box. All Rights Reserved.