小説「未来都市計画」1話

未来都市計画




ここへ住みついてもう27年にもなります。

私が移ってきた当初と比べればここもずいぶんと便利になったものです。

本土とも最近ではわずかに69時間19分という最速記録が出ましたね。

――というのも私が来たときには20日と7時間もかけなければならなかったのですよ。


私たち第一号移民がここに住みつき、開拓するまでは

こんな不便な不毛の土地には人間は定住できないだろうと言われていましたね。

ところがどうです、今や本土から人がゆとりのある土地と生活を求めて

住みつくようになり、現在の状況ではここに住む人たちぶんの食糧・物資は

自給自足で充分満ち足りるようにまでなりましたよ。


そして、いつか本土に住む人たちの常識をくつがえしたここの裏側、

奥底に住みついていた生き物たちもこうして誰もが親しめる存在になりました。

後からは何とでも言えるものです、今さら学者たちが当然のように言っていますね。

長すぎるくらい長い間本土から切り離されていたこの土地に、

未知の、本土のものとはだいぶ種の異なった生き物が

住んでいることに何の不思議もない──などと。

勝手なものですね、知らないことは素直に認めれば恥より今度の自信となりますのに。


移住してきたときはやはり広い広い海と何もない大地しかありませんでしたよ。

私のような若くて腕っぷしの強い男たちが幾人かで集まり、

まず新世紀を見据えた都市計画をつくりあげました。

私たちはどこかで気付いていたのですよ、こここそが新時代を切り開く新天地となるだろうことを。





本土のどの既存の都市とも違った、そう、古典的美感覚を保ちつつもあくまで来るべき

新時代を先駆けるイメージの未来都市計画でした。

歴史がないだけ逆に何もかもが斬新になるように、

そして世界がきっとその方向に動いてくれることをせつに願い、

始めの計画を重要視して取り組みました。

本土の1/4ほどといってもなにしろ広いですからね、

開発もまだ全体の1/6ぐらいでして、裏側や奥のほうにはまだまだ重みをかけていませんよ。

ほら、こうしてあなたが立っているこの場所も海を埋め立てたところなのですよ。


交通の便を二重、三重にもまず第一に考え、直線と方向にふんだんの活きの精神を取り入れ、

例えば、あなたの場所なら丁度上手い具合にあの記念堂が記念塔に隠れて見えるでしょう、

そんなふうにどの要所も何かしらかけてあるのですよ。


そして新世紀を見据えればこそ、公園に、緑に造園学の粋を取り入れ、

余計すぎるくらいスペースを割きました。

人工とはいえ、大都会のなかとはいえ「人間と自然の共存」――それを大切に、大切にしました。


人工の川をひくのは大変でしたね。

しかしそれは特に私が固執し続けたのです。

これは私個人の希望だったのですが、あの赤い橋をどうしても、と架けさせました。

ごらんなさい、穏やかな川の流れ、優しい風のなかに象徴として赤い橋が架かっています。

実に私の思い描いていた通り、あの川辺は今や恋人たちが恋を楽しむ、

愛を語り合う場所として愛しまれています。私個人として最も光栄なことですよ。


あの場所に夜座れば眼前にはるか遠く、本土の灯かりが見えます。

それは人の心を惑わすものではなく、見ても青と白にしか見えませんが

毎月15日には確かに、オレンジのかかった黄色に見えるのですよ。

そのロマンティックな灯かりを眺めながら恋人たちが肩を抱き合います。

それだけで私の心は満たされます、世代の交代をさせるのが

かつての栄光への感謝――と私は信じていますからね。


太陽が沈むのは背中となります。両方は無理ですからね。

けど、その分時を忘れ、微笑みをかわし、気付いたときには太陽は沈み、

暗闇が薄紫に空をおおうようになるのですよ。

闇をまとい、肩を寄せ合いながら灯かりを見詰めるのはそれからです。

……私もよく灯かりを眺めています、一人で、いつまでも。

――そう、全ては私自身への鎮静歌、というのが本当のところなのです。

私がまだ本土にいた頃の、まだ若すぎた時代の頃のことですよ

………おや、ずいぶん話が飛躍してしまいました。


さて、最近では摩天楼群が建て並び始めましたよ、

これには大変な議論、討論をまきおこしましたが。

しかし、政治・経済・文化の3つがどこか一点に集中し、

まとまり合うのは、これは仕方のないことです。

――とはいえ、これもまた未来都市計画の理想範疇にもれません。

ロマンティックを基とした自然と人工の美の見せあい

──そのため摩天楼群建設にあたりひとつ外見上の要求を課しました。

大自然の在野の偉人から受けるような想い、

一人の人間のちっぽけさを感じさせること――です。

これは人工では決して真似できない自然美への

敬意とお返しを含めた人工美の追求なのです。


ここへ来る前のことですが、私は本土の美しい自然美を求めて旅したものです。

そこで知らされた自然の偉大さ、人間などでは到底届かぬ美しさを教訓とし、

この新都市計画には人工美を大きなテーマとしたのです。

――清潔な美しさ、加えて都市美の追求です。

あの自然美に恥ずかしくないような、ただ見て回っただけではなく、

確かに何かをつかんでいたということを在野の偉人たちにお返しするため、

私は計画を重ねていたのです。

まぁ、本心を語ればいくら人工美を追求したところで

自然美の深さには及ばぬところ、とは分かっていますけれどもね。

それでも、世界の美の競演の一環としては何かしら意味のあるもの、と誇りに思っています。


建物・街の構造は整いました、私たちの理想を満足させて。

次の問題は人でした。人間です。

すこしづつ人が移ってくるにつれて、初めの頃の全員一体感は薄れてゆき、

村から町、町から都市となり、そして私たちのコントロールが届かぬところまで至りました。

本土から様々な人種・宗教・文化・言語を背景に持った人間が渡ってきました。

実に多種多様、今ではある一種だけの人を見つけることこそ不可能になりかけましたね。

これは新世界・次の時代を見据える上で素晴らしい題材となりましたよ。

世界中の交流が一層深まり、重要視される次時代のなかで、

人種のるつぼ、その題材がおのずからここにはそろってきたのです。

数々の過去の痛みを越えて、この土地では

誰もがゼロから平等に始められるのです、始めなければならなかったのです。


問題は山積していましたが、何より深かったのは言葉の壁でした。

他のどの壁よりも交流し合うのに抵抗を生みます。

しかし今や言葉以外の壁は、例外はあるとして、私には無力化したと感じることができます。

自分固有の文化をよく理解し、保ちつつも他文化を理解し合い、

共存すること――本土でもそれは進歩していることでしょうが

ここでは全くの新しい土地だったため進歩には目をみはるものがありました。

まぁ、まだこの新世界は若い。

後には本土からの独立をうたう日が来ることでしょう。

本土の固定観念とは違うものを持つのが美徳なここではそれは避けられないことでしょう。





ここは新しい時代の人間交流を先駆ける場所です。

ごらんなさい、個性豊かで様々な人間たちが共に生き、

子供たちが混ざり合い、素敵な笑顔ではしゃぎ回っています。

これこそがあるべき新しい世代の姿なのです。


ただここの裏側、奥深いところにはるか昔から住み着いていた人々との問題は今も絶えません。

あらゆる違いの壁が我々の間に存在します。

そして私たちもこの土地を私たちだけの勝手で開発し

彼らの住む場所を狭めてよいものか、彼らの時代を考えず

私たちの新交流時代に巻き込んでよいものか、と真剣に考え抜いています。

純粋な彼らの暮らしを壊してはならぬ。

強いるのは絶対に避け、彼らが望むのならば

――実際彼らは望みつつあるのです――

私たちは彼らの望む通りの交流を持ち、急すぎる刺激を避け、私たちにできるベストを考えています。

言い換えればこれは新時代を占う大きな問題であり、チャンスであるのです。


新人間交流――これも整いつつあります。

実に理想に近い状態で進みつつあります。

これから時を重ねれば重ねるだけ、壁は狭まりゆくものです。

人間の問題も私たちを満足させるものなのです。



→進む



トップページ小説トップ未来都市トップ








Copyright (C) 1996 - Ken Box. All Rights Reserved.