ケンボックス

小説と写真を高品質で。

チャールストン(サウスカロライナ州)観光の一眼レフ写真撮影スポット

投稿日:2017年5月8日 更新日:




チャールストンの写真と紹介を見た時、何かを感じた、ここは訪れるべき場所だと。

南部で一番輝いている町、アメリカ人が旅行で最も訪れたい町、そんな呼び込み文句。

ダウンタウンには南国らしい色の建物、他所では見られない大木、ヨーロッパ人が入植したときの建物や教会。

なんというか、アメリカの中でも異国情緒をはっきり感じる、南部の一言では片付けられない。

ウォーターフロント公園にあるパイナップルの噴水、これがサウスカロライナ州チャールストンの顔。

サンセットに合わせてクーパー川沿いを歩く、帰りがけの歴史地区のライトアップ、どちらも美しく。

チャールストン郊外のブーンホール・プランテーションに行ってみた、この樫の並木を写真に撮りたくて。

チャールストンの暗い歴史、ダウンタウンの旧奴隷市場博物館と同様、このプランテーションにも黒人奴隷が、↑は奴隷小屋。

プランテーションの大邸宅の中をツアーしたら、華やかな文化にびっくりする。

チャールストンのもう1つの顔、沖合にあるサムター要塞へのフェリーツアーに参加した。海向こうにはチャールストンが。

歴史があり、自然は珍しく、気候が善し、人は親切、僕の直感は当たり、忘れがたい思い出をチャールストンで。







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.