ケンボックス

小説と写真を高品質で。

伊賀流忍者ショーの写真、一眼レフ写真撮影スポット

投稿日:2015年9月8日 更新日:




昔から忍者に深い興味を抱いている。

忍者といえば伊賀忍者、だから伊賀流忍者博物館を訪れて、忍者ショーを見てみる。

機械体操の達人が、忍者刀を振るったり、手裏剣を投げたり、ジョークを交えながら楽しいショー。

本気で忍者ショーの写真を撮ろうといたが、2016時点ではショー中の写真撮影は禁止になっていた。

上の写真は2010年の時のもの、この頃は撮れたんだ。もっと撮っておけば。。。

伊賀流忍者屋敷に忍者の業、どんでん返し・隠し通路があり、忍者みたいな方が案内してくださる。

忍者伝承館には多様多種の忍具が展示されている、どれも当時の本物に近いだろう、興味深い。

本物の忍者衣装はこうした渋柿色のはず、黒は闇に目立ち過ぎる。

忍具は、農民の道具の延長線上なのだろうが、怪しく美しい。

甲賀よりも伊賀の方が忍者関連の展示物は豊富。伊賀よりも戸隠の方が豊富だったのが意外。

服部一族は紛れもなく伊賀の出身だし、地名に残る「上柘植」からは伊賀忍者の痕跡を感じる。

先人たちの知恵と工夫の結晶が、忍具には詰まっているはず。

現代で見ても新しいはず、忍者たちの道具。

世界に今通用する忍者は、こういうラブリーなヤツだよね、これはこれで良し。

伊賀上野城は、築城名手で知られる藤堂高虎の作品、今に残るのはレプリカだろうが。

お城と忍者、歴史ロマンがプンプンする伊賀上野にはどうも惹きつけられる。

手裏剣を買った僕、いつか僕なりの忍者の小説を書いて、その写真に手裏剣を散りばめたい。

忍者の町・伊賀を歩く喜び、トレイルランの黒装束で伊賀を走り抜けたら楽しいだろうな。

現代の忍者になったつもりで、服部半蔵を偲びながら、伊賀から甲賀まで駆けたい。







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.