ケンボックス

高品質な小説と写真を。

伊良湖岬灯台の夕陽写真、スローシャッターとNDフィルター

投稿日:2020年1月5日 更新日:




 

写真撮りが趣味の自分、日本の風景で美しいもの、忘れ難いもの、また撮影したいもの、そこらへんのリストが頭の中にはっきりと埋め込まれている。

その中でも、愛知県田原市渥美半島、そこにある伊良湖岬灯台のことが忘れられない。

アメリカ赴任中も「あー、伊良湖岬灯台のサンセットを撮りに行きたいな、今の最新機材で」とずっと考えていた。

カメラはNIKON D850、レンズはAF-S NIKKOR 28mm f/1.4E ED、それが私の最新地点。

 

伊良湖岬灯台の長秒露光写真
この1枚が、僕の黄金アングル・時間帯

 

この1枚の写真を撮るために、万難を排して、万全を期して伊良湖岬へ。

サンセット時、冬の晴天。

強風が問題だったが、自分の身体で三脚から風をブロックする。

30秒のスローシャッターでも、強風のおかげで雲も海水もずっと滑らかになった。

 

伊良湖岬灯台の夕陽写真

 

神島が見える、この距離間では船舶にとっては危険な航路だろう。

伊良湖岬灯台の存在って大事。

 

伊良湖岬灯台の長秒露光写真

ベスト写真は上の1枚だけ、あのアングルしかない。

脇役として、日出の石門の写真も添えておこう。

絶対王者・伊良湖岬灯台が近くにいるからナンバー1にはなれないけど、

時期時間帯によってはこの穴から日の出が見れるというスポット。

伊良湖岬灯台の長秒露光写真

伊良湖岬の太平洋側はどこもフォトジェニック。

僕の心にしっかりと刻まれた、東海地方の本物の写真撮影名所・伊良湖岬灯台。


2015.8.2

伊良湖岬灯台を長秒露光で写真に撮る、僕にとっては最高峰の被写体だ。

どうして、ここは、こんなに美しい?

伊良湖岬灯台の写真

干潮時・マジックアワーを狙い、伊良湖岬灯台の明かりが全開になる前のわずかな瞬間を撮影。

NIKON D800 + AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G + NDフィルターと三脚使用で長秒露光。

伊良湖岬灯台とは

・日本の灯台50選
・一帯は三河湾国定公園に指定されている
・1929年〜(2002年に今の形に改築)
・伊良湖水道(渥美半島↔︎伊勢鳥羽の間)は幅が狭いが交通量が多く
 行き交う船舶のための目印(渥美半島の最先端)
・灯台の高さ 約15m

伊良湖岬灯台の写真

いわゆる「永遠のテーマ」になりそうな存在、伊良湖岬灯台の長秒露光写真のこと。

違う季節に、気候条件を変え、幾度でも撮りに来ようじゃないか。


2014.12.30

Salyuさんの楽曲「Lighthouse」、幾度聴いてもその本物さ具合に心が震える。

Lighthouse=灯台だから、曲の素晴らしさにお礼をしたくて、伊良湖岬灯台を写真に撮ろうと思った。

角度は違えども、Lighthouseも僕の画像も「心を込めたモノ創り」という意味では一緒だろう。

伊良湖岬灯台の夕陽写真

気温11℃・晴天の条件が重なった年末の一日、渥美半島の先端・伊良湖岬灯台へ。

Salyuさんの歌声に惚れ込んで数年、この曲も小林武史さんが彼女の歌声を強調させるコンセプトで創ったのかな。

昼の晴天ではないな、コントラストの高い画像でもないな、Lighthouseをイメージするなら薄暮・夜の長秒露光。

伊良湖岬灯台の夕陽写真

まだ陽が落ちる前からスローシャッターで表現したくて、NDフィルタを使って波を柔らかく止める。

Salyuさんの歌声はもっと伸びやかに、芯を残しつつ、美しさを放っている。

だから今日の伊良湖岬灯台の画像をもっと高品質に仕立てようと、冷たい海風にも負けずに撮影をする僕。

伊良湖岬灯台の夕陽写真

本当を言えば、初めて聴いたときからSalyuさんの歌声に夢中。

今年も終わるけど、来年からまた新しく生まれて生きていけるね、この灯台の思い出があれば。

伊良湖岬の灯台画像を「Lighthouse」へのお礼、それで僕はとても満足だった。


2013.9

伊良湖岬灯台のマジックアワーを、長秒露光とNDフィルターで撮影

伊良湖岬灯台、夜の闇に包まれたところを長秒露光で撮ると、美しい絵が浮かび上がってきた。

マジックアワーの伊良湖岬の灯台は秘密の色、NDフィルターで波と空を柔らかく描写。

岩礁にかかる波、長秒露光の定番テーマ、柔らかいものと硬いものと。

伊良湖岬の寒風に怯むことなく、年の瀬に冬の海を撮り続けた。

あぁ、伊良湖岬灯台が行き交う船たちを見守っている。

派手なビームを飛ばして海に警戒を投げかけることもなく、伊良湖岬灯台は穏やかに。







Copyright© ケンボックス , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.