ケンボックス

高品質な小説と写真を。

おかげ横丁・おはらい町の写真、伊勢神宮観光の一眼レフ撮影スポット

投稿日:2019年12月15日 更新日:




駐車場からおかげ横丁の方向へと歩き出す。

おはらい町通りに入ると、もう笑顔が溢れ出してきた。

おかげ横丁一眼レフ写真

普通の道ではないよ、よくある商店街ではないよ。

当時を彷彿とさせる佇まいをちゃんと保っている。

へんば餅家さんを過ぎるとますます非日常の様相に。

おかげ横丁一眼レフ写真

赤福本店まで来ると、そこはおかげ横丁・おはらい町。

「ふくすけ」で伊勢うどんを食べていると、隣の太鼓櫓で心地よい音が始まった。

茶屋や豚捨で食べ歩き、見るべきお店も数多くあるから、モノ珍しくてたまらない。

おかげ横丁一眼レフ写真

おかげ横丁の路地には一眼レフ写真スポットがたくさん。

短焦点レンズで明るく撮ろうとする僕、猫や提灯が僕の被写体になってくれる。

おかげ横丁一眼レフ写真

土日は混雑していようと、おかげ横丁を隅々まで歩こう。

おかげ横丁一眼レフ写真

まるで毎日が縁日のような、賑やかな、楽しげな、おかげ横丁。

和製ディズニーランドであり、日本独特の華やかさを体現している。

おかげ横丁一眼レフ写真

真面目な伊勢神宮内宮、その手前にあるのは究極の庶民の楽しみ・おかげ横丁・おはらい町。

つまりは他にない場所だと言うことさ、いつまでも続いて欲しいおかげ横丁。

2019.12.15


伊勢神宮の内宮に参拝しようと駐車場に車を停めて歩く。

手前の町並みの賑わいぶり、懐かしさと新しさの混じる文化の匂いに気が付くだろう。

おかげ横丁は、各地から伊勢神宮に参拝することが生涯の夢だった頃の姿を残している。

古の東京ディズニーランド、多くの人を呼び寄せる力は間違いなく日本ナンバーワンだった。

伊勢うどん、汁の少ないシンプルな味。

伊勢神宮・おかげ横丁に残る独特の味だから、格調高いと感じてしまうのは僕だけ?

太鼓の音が良く似合う町並み、なんというか、年がら年中お祭りをしているイメージのおかげ横丁。

おかげ横丁のボス・三重伊勢を代表する赤福本店の店じまい風景。制服が素敵。

夏限定のメニュー、赤福氷。中には赤福餅が入っています。

おかげ横丁を気ままに歩く、伊勢神宮参拝の時の緊張感と対照的。

ここは景観美だらけ、カメラの活躍する場面が多くて。

楽しい時間をくれるよ、おかげ横丁は。おかげ様で、ありがとう。







Copyright© ケンボックス , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.