ケンボックス

小説と写真を高品質で。

吉野山千本桜の写真、奈良観光の一眼レフ撮影スポット

投稿日:2010年9月11日 更新日:




この日は吉野山の千本桜だけを見ようと、わざわざ愛知から日帰りドライブ。

吉野山までの道が混み過ぎて通行規制、やむなく途中から電車にきりかえて吉野駅へ。

吉野駅からのケーブルカーも並びすぎているので、バスでまずは中千本へ。

素晴らしいのです、この日は下千本~中千本~上千本、すべてが満開の日!

どれだけここに来るまで時間がかかっても、一度は来たかった、吉野山の桜。

一目で千本の桜が見れると聞いたが、いやいや、本当にすごい特別な景色です。

これでも、今の吉野は深刻に桜が枯れている状況にあるそうなんです。

金峯山寺に足を運ぶ時間もなく、残念ながらこの日は桜だけを満喫。

豊臣秀吉という男は余程の桜好きらしいな、醍醐寺の桜も最高なのに、

わざわざここ吉野山までも自分の庭にしていたなんて。

カメラを向ければ、上千本まで満開、桜の木々がなんだか海のように広がって。

多くの人が行き交っていました、中千本~下千本の参道に。

自分の目で見ていたときは、そんなすごい場所だと感じなかったのに、

こうして写真にして見て見ると、最高の桜名所に映っている。

汗ばむ陽気、この日は義姉夫婦と一緒に吉野山の散歩。

確かに写真でよく見ると、枯れたような桜の木も目立つ。

全盛期の吉野の桜は、これ以上、もっともっとすごいのだろうか。

桜が昇り龍のように、山の下から上へと駆け上がっていくようだ。

吉野山といえば葛きり、お茶屋でいただきましたが、僕の口には合わないみたい。

吉野山はね、修行僧たちの聖地のはずなのに、この桜の季節だけは何処よりも華やぐ。

帰りはケーブルカーに乗って下千本から吉野駅へ。

一生に一度は訪れたかった、日本一の桜名所と言われる奈良・吉野山の旅でした。







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.