ケンボックス

小説と写真を高品質で。

劉備の妻 三国志小説「夏侯覇仲権」16話

投稿日:2003年3月15日 更新日:




あの博望坡で、劉備はまたひとつ曹操の邪魔をしてくれた。

惇自身の名誉をも奪い、ひいては夏侯家の家名に傷をつけた。

惇の怒りは頂点に達していた。夏侯家にとって、惇の怒りは自分の怒りである。

淵も、恩も覇も劉備が憎かった。

あわよくば劉備か張飛を討ち取って博望坡の借りを返したい。

それを狙う惇は密命を出した。淵には殿の張飛の首を。

恩には劉備の嫡子・阿斗劉禅の捕獲を。惇自身は覇と共に劉備の首を狙う。

戦況からして曹操軍の勝利は間違いない。

惇は敵兵を蹴散らすことが目的ではないとはっきり言い切った。

あくまで特定の敵個人だけに狙いを絞ったのである。

曹操軍全体の目的からは逸脱した行為だが、夏侯家に反対する者はいなかった。

夏侯惇軍の先陣を務めるのは夏侯覇であった。

夏侯惇以上に夏侯覇は熱くなっている。

許都へ引き上げる時の夏侯惇の悲愴な表情が忘れられない。

己の身体を縄で縛って曹操の足元に平伏した夏侯惇の姿を忘れることができない。

それもこれも軍を預かる将軍としての責務であった。

夏侯覇は将としての責務というものを深く考えさせられた。

その一方で、劉備を憎む心を持った。

当陽を出た頃、青釭の剣を背負った夏侯恩が馬を寄せてきた。

「子雲、この戦いには命を賭けるぞ!必ずしや劉備の首を取ってやろうではないか!」

だが、仲権を見る子雲の目は冷ややかであった。

しばらくの間、無言で何かを訴えかけるかのように仲権に見ると、

一声だけかけて自軍へ戻って行った。

「おう、仲権。劉備たちの家族は必ずやこの俺が捕らえてみせようぞ!」

子雲は劉備たち、というところを強調して言った。

仲権はその一言だけで子雲が何を考えているかが手に取るように分かった。

――子雲は劉備の家族ではなく、張飛の家族を保護しようとしている。

張飛の家族、つまり玉思だ。

この行軍には劉備の家族を含め、新野にいた全員が従っていると聞く。

それならばきっと玉思もこの戦場にいて、追手から逃げることに必死になっているに違いない。

それを子雲は心配しているのだった。

仲権は早く劉備を捕らえてしまいたかった。

劉備さえ処刑されるなり、降伏するなりしてしまえばきっと張飛にも平静が訪れる。

劉備が死んで、張飛が曹操の配下になればよいのだ。

そうすれば今度は逆に味方同士になるのだから、玉思と接点ができる。

あるいは、張飛が死んでしまえばいい。

仲権がそれを考えなかったといえば嘘になる。

玉思は悲しむだろうが、仲権自身がこれから守ってあげることができる。

夏侯家にもう一度戻ってこればいいのだ。

口に出すことはできないが、偽らざる仲権の本心であった。

仲権が劉備を憎む理由は公と私と、それぞれにあるのだった。

形は違えども、子雲も仲権も想いはひとつである。

あの約束が、今も二人の生きる理由なのであった。

武人として果たすべきこと、夏侯家の一員として成すべきことはあるが、

それ以前に一人の男としての責務が子雲と仲権を動かすのだ。

平頂山以来、玉思とは逢っていない。

相変わらず時々手紙で無事を知らせてくれるのだが、今どこにいるのか、どうしているのかは知らない。

敵対勢力に分かれてしまった以上やむを得ないことではあった。

あれからのことを玉思がどう割り切っているのかは分からない。

昔のことはなにも思っていないかもしれないし、今も夏侯家のことを懐かしんでくれているかもしれない。

だが玉思はともかく、子雲と仲権の心はあの時のままで、今も変化はないのである。

一緒にいる時間が短かったから、玉思との記憶は少ない。

少ないとそれがまるで時が止まったかのように思え、永遠に感じる。

永遠に続く過去の理想の恋。

あれから別の恋をしても、その相手の奥に探す玉思の面影が消えなかった。

消えようとはしない思い出よ。

人はどうして現実の幸せに満足できず、無意味な過去の理想に翻弄される運命なのであろうか。

夏侯惇と夏侯淵は劉備の殿隊へと突入した。

夏侯淵は全兵力を敵の掃討に集中させた。

既に混乱に陥っていた張飛隊はこれで完全に壊滅した。

夏侯惇は突入すると素早く軍を展開させ、張飛隊の脇を抜けてその先へと強引に進んだ。

張飛軍をやり過ごすとそれが二隊に分かれる。

夏侯恩隊は中軍がいた方向へ向かう。

夏侯覇を先頭とした夏侯惇本隊はさらに先へと突進した。

劉備本隊は既に遠くに逃げ去っていた。

夏侯恩は劉備逃亡の様子を曹純・文聘の兵に聞いて回った。

兵士たちは劉備が単身逃げ去ったと答えた。

劉備の家族の行方は誰も知らなかった。

護衛兵に伴われた馬車が景山の方向に逃げ去ったと言う兵がいたが、

その方向には既に曹純・文聘が全兵力で追討に向かっていたのである。

夏侯恩は兵士を幾つもの小隊に分け、それぞれを全ての方角に向けて派遣した。

そして夏侯惇から言われている伝令にひとつ付け加えて兵士に言い聞かせた。

――劉備と、その義兄弟である関羽・張飛の一族を捕らえよ。

殺してはならず、必ず無傷で保護せよ。

そして夏侯恩は捕らえた者に百金を出すことを約束した。

小隊が各方向に散ると、夏侯恩自身も近習を伴って馬を走らせた。

全ては玉思を探すためである。夏侯恩の行動に躊躇はなかった。







Copyright© ケンボックス , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.